フォト
無料ブログはココログ

zard

2018年2月20日 (火)

先週末のこと。

 仕事以外のことで、このところ、なかなか時間が空かない日々が続いています。今週から、自宅の保全工事のために、下準備やら、片付けなど、その間に,ふくらはぎに、おできができて、医者に行ったりしています。
 さて、その中で、先週の金、土、日と出かけることがあったので、そのご報告をします。
 先週の金曜日ですが、2月11日から17日まで、有楽町の交通会館のギャラリーで、渋谷クラフト倶楽部展が開催されていました。Entrans01 このには、鉄道模型界の大先輩のSさんが参加されていますので、毎回ご案内を戴きます。今回もあわただしい中でしたが、時間を取りまして拝見させていただきました。Sakuhin01
 
Sakuhin02
Suikoukan01  建物の作品が多いので、鉄道模型でもジオラマやなかには車両などでも、いろいろ参考になります。Yane01 今回も素晴らしい作品を拝見させていただきました。
 こちらが、Sさんの作品。Sanosakuhin01 機関車同様、建物も精密にできています。最近思考力が低下気味なので、こういったものを見て刺激を受けないといけません。
 さて、土曜日。いつも関東合同運転会でお世話になっている、埼玉県民活動センター「けんかつ」で、けんかつ鉄道フェアーが開催されました。本当でしたら、このイベントに参加の予定でしたが、仕事の都合で、夕方の反省会のみの参加です。(ただ宴会に行っただけ)Enkai01
Tumami01
 相変わらず皆さん元気でした。以前でしたら、泊まりで参加でしたが、訳あって、このところ日帰りです。
 翌、日曜も、泊まりで参加の息子に頼まれた指定券を買って、再びけんかつへ。大宮で廃車になるらしい、4ドアと6ドアのサハ231と230の写真を撮っておきました。Sahae23001
Sahae32101  前日のフェアーに続き、けんかつのセミナー室2部屋に、16.5mmと13mmのレイアウトを設置していました。Kenkatu165
 
Kenkatu13
 お昼は、中のコバトン食堂で生姜焼き定食を食べまして。結局2加とも車両走行なしで終わりました。(何しに行ったやら?)Teisyoku01  まあ、いい休養と思うしかありませんでした。後片付けだけはちゃんとしましたから、参加したということで、先週末のご報告でした。

2018年2月14日 (水)

塗料の新色を発売します。

 弊社で発売している調色塗料に新色ができました。
 
Izukyu01
 伊豆急100系に使用された、窓回り、ペールブルーと腰板のハワイアンブルーの2色です。現在、ショールームにて、お求めいただけます。価格は、ともに、1/12ℓ缶入り、税別¥650円です。ぜひご利用ください。
 なお、ラッカー系塗料のため、プラスチック車体には使用できません。

2018年2月 1日 (木)

皆既月食

 今日、皆既月食が見られました。夕方、少し曇っていましたが、夜になったら、雲もなくなって、月が、よく見える状態でした。
 我が家の屋上に上がってみると、まだ、先週の残雪が残っていました。たぶん、隣のビルの日陰なんでしょう。Zansetu01
 さて、空を見上げたら。もうすでに上の方だけが輝いていて、そのほか大部分が赤くなって陰にかかっていました。まず21:34の映像です。
 
2134
 三脚にカメラを据え付けて、セルフタイマーでカメラ自身で撮らせます。手でシャッターボタンを押すと、手ぶれしてしまうので、それを避けるためです。
 続いて、21:46の画像。ほとんど、上のところが光っています。
 
2146
 最後は21:52のちょうど皆既月食になった時間です。
 
2152
 今回は皆既月食の時間が終了が23;08ということで、1時間16分と長い時間でしたが、寒いので、皆既月食を見届けて、引き上げました。
 

2018年1月 2日 (火)

2018謹賀新年。

 あけまして、おめでとうございます。
 旧年中は、格別のお引き立てを戴き、ありがとうございました。親の介護を始めて、4年目に突入し、毎日代わって食事や、洗濯などの家事一般をするようになって、自由な時間が相当な範囲で縮小しています。まだまだ、体の方は元気なので、すぐの先が見えません。まあ、元気でいてくれることが大切ではあります。ということで、先の見えない状態はまだ、しばらく続きそうです。その分しごとが遅れて行くのが心配です。とにかく何があっても、こちらが元気でいなければならないので、健康チェックだけは事あるごとに、受けておかないと、まずいですね。とにかく今年も相変わらず忙しい毎日を暮らせなくてはなりません。
 どうか、皆様も、今年一年、よいことがありますよう、お祈りいたします。
 
2018nenga012

2017年12月17日 (日)

小学校同級生の忘年会

 今年も、あと2週間になり、忘年会シーズン真っ盛りです。今日は小学校の同級生の忘年会でした。ほぼ、毎年、年2回飲み会を開催しています。
 
171216bounenkai01
 
 すでに卒業後、50年になります。こうして元気でいられることが、今は宝です。また来年も会えることを願って一夜のひと時を過ごしました。171216bounenkai03
 皆様、よいお年を。

2017年12月 2日 (土)

ジョイントの作り直し

 関東合運も終わり、模型ショーも終わり、いよいよ年末の忘年会シーズン到来になりました。
 先だって、関東合運前に作っていたTOMIX EF66のジョイントのリベンジ製作についてのことが、放置状態のうち、修理の機関車は、すでに依頼主に引き渡されました。遅くなりましたが、事の顛末を書いておこうと思います。
前回の失敗。
 事を簡単に考えていたために、落とし穴に落ちてしまったのが、このことでした。ここに略図を書きましたが、Photo  上の図が、最初に作ったジョイントで、中の穴がストレートだったため、ジョイントが抜けてしまいます。モーターに付いているフライホイールの駆動軸穴は、手前側だけが六角孔で奥はそれより大きな丸穴になっています。すると、ジョイントが奥の丸穴部分に落ちてしまうと、動力が伝わりません。そのために製品のジョイントは、下の図のように、手前が細くなって、ジョイントのボール部分を抑えて抜けないようにして、フライホイールの六角穴の所にジョイントの六角部分を保持するようになっているのでした。
 このことを踏まえて、新たに作りました。今度は製品の寸法に近い長さに、材料を切ります。Kiriotoshi01
  穴をあけますが、ウォーム軸側は1.9φの穴をあけ、ジョイント側は、ボール部分より小さく、ジョイントの自由を妨げないように、2.7φの穴をあけました。Cupring01
 次に、ジョイントのボール部分がハマる部分を削りますが、写真のような特殊な、中ぐりバイトで、硬くなく、緩くなくのかげんに削りました。Nakaguri01
Jyointhed01  しかしボール部分は、正円ではなく、いびつです。長い方を合わせるしかありません。うまくいくのかどうか心配でした。はじめ2個ほど削ってみてすり割りを、糸鋸で切った試作品で上体を確認します。Testpece01  結果は良好なので、量産に移ります。Nakaguri02  全部削ったところで、前回と同じように、彫刻機で冶具を使って切込みを付けました。そして、ウォーム軸に、2.7φのドリルの柄の部分を使って押し込みました。Kanseihin02
Kumitsuke001
  完成状態です。これを動力装置に組み込みました。これで完成です。Kumitsuke02
Kumitsuke01
Kimitate01  秋のけんかつ運転会では、問題なく走行しました。これで、安心して運転会で使えそうです。
 Siunten01  さて、はめるのに、2.7φのドリルの柄ではちょっとやりにくいので、その後はめ込み用の冶具も作りました。これならば容易にはめ込みができると思います。Hamekomijigu01
Kanseihin03  ともかく修理部品として、50台分くらいつくりましたので、もし、同じジョイントのトラブルで不動車をお抱えの方は、1両分(2個)実費300円+送料82円でお分けしますので、ご相談ください。

2017年10月21日 (土)

2017 鉄道模型ショー 本日開催。

本日より、日本鉄道模型協会主催「2017鉄道模型ショー」が、大田区産業プラザで開催中です。2017show02701
Dscn7369
Dscn7373 台風が接近という報道の中、足元の悪いところ、たくさんのご来場をいただいております。Dscn7372
 会期は明日10月22日17:00までです。ご来場をお待ちしています。

2017年10月 4日 (水)

ジョイントを作る。

 さて、うちの店の在庫品のTOMIX製がEF66が3台の骨底つことが判明しました。検査の結果、同じようにジョイントが割れていたものがありました。このままでは、お客様に売れなません。メーカーには、善処願いたいところです。
 仕方ないので、1台自家用にすることで、対処しようと思います。
Zaikohin01
 とりあえず、クラックの入っているジョイントカップリングを作ればよさそうです。某社のプラ製中空軸が、ちょうど使えそうなので、とりあえず、試作を作りました。
Chukuujiku01
Testpece01
 これなら何とかなりそうなので、量産に移ります。パーツには、2φの軸に留まるように、1.9φの穴が開いています。これにボールジョイントが入る様に、3.1φの穴を、途中まであけます。Anaake01
Anaake02
 問題なのは、ジョイントのすり割りを切ることです。これは冶具を作って切ることになります。12φの黄銅の残材に4φの穴をあけて、途中まで、フライスで削り落として冶具にしました。Jigu01
 幸いにも、材を押し込んだだけで、固定できたので良かったです。片側を切ったところで、冶具に1φのピンを植えて、切込みを差し込んで180°反対側を切りました。
Mizokiri01
 出来上がり。30台分うまい具合に完成しました。
Jyointocup01
Jyointocup02
 これでうまくいったと思いましたが、ここまで来て、とんだ落とし穴があったことに気が付きました。これが無駄になる落とし穴とは。この続きは、関東合運の後で…。

中秋の名月

 我が家屋上からの月。時々、薄雲がかかります。10月の中秋の名月は、8年ぶりだそうです。Moon171014_2
 残念ながら、手持ちコンデジなので、画面中央に決まっていません。

2017年9月28日 (木)

修理結果に失望。

 先日、5月の静岡トレインフェスタで故障した、TOMIXのEF66の修理を依頼されたので、問屋経由でメーカーしゅうるを依頼しました。ほぼ、1か月を費やして、戻ってきた結果が修理不能とのことでした。
Ef6601
 理由は修理報告に書いてありますが、あまりの結果に今まで修理を依頼していた信頼を失う結果が書いてありました。
Ef6602
 まず、第一の理由。「2003年生産の製品のため、部品がありません」とのこと。欠損しているのは、モーターからギヤーケースに至る、駆動ジョイントのカップリング。欠損のため動力が伝達できなくなっています。ただし、先日発売になったEF64の部分を見ると、ほとんど同じで、交換は可能に見えます。
Jyoint01
 第2の理由。「独自の塗装を施されているので、塗装の剥がれが起こるので、分解不能。」
これが理由かね?
 ジョイントの修理に分解は当然のこと。そのリスクは承知の上で修理依頼をしているのに、1か月の放置した挙句、修理箇所の特定もせずに返して来たわけですか?完全にアフターサービスの放棄ですね。あまりにひどい。今まで、信頼していたメーカーでしたが、今後は考え方を変えないといけません。
 実は同じ年式の製品が、まだうちの店頭に在庫しています。
Zaikohin01
 念のため、1台あけてみたところ、同じジョイントカップリングにクラックが入っています。
Jyoint02
 どう見ても製造上の不良に見えなくもありません。こうなっていては、他の2台も確認しないと、販売できませんし、こういう場合は、どう扱ってくれるのでしょうトミーさん。
 なお、同型のEF66をお持ちの方は、一度、ご確認することをお勧めします。

«第41回鉄道模型ショウ