フォト
無料ブログはココログ

zard

2017年12月 2日 (土)

ジョイントの作り直し

 関東合運も終わり、模型ショーも終わり、いよいよ年末の忘年会シーズン到来になりました。
 先だって、関東合運前に作っていたTOMIX EF66のジョイントのリベンジ製作についてのことが、放置状態のうち、修理の機関車は、すでに依頼主に引き渡されました。遅くなりましたが、事の顛末を書いておこうと思います。
前回の失敗。
 事を簡単に考えていたために、落とし穴に落ちてしまったのが、このことでした。ここに略図を書きましたが、Photo  上の図が、最初に作ったジョイントで、中の穴がストレートだったため、ジョイントが抜けてしまいます。モーターに付いているフライホイールの駆動軸穴は、手前側だけが六角孔で奥はそれより大きな丸穴になっています。すると、ジョイントが奥の丸穴部分に落ちてしまうと、動力が伝わりません。そのために製品のジョイントは、下の図のように、手前が細くなって、ジョイントのボール部分を抑えて抜けないようにして、フライホイールの六角穴の所にジョイントの六角部分を保持するようになっているのでした。
 このことを踏まえて、新たに作りました。今度は製品の寸法に近い長さに、材料を切ります。Kiriotoshi01
  穴をあけますが、ウォーム軸側は1.9φの穴をあけ、ジョイント側は、ボール部分より小さく、ジョイントの自由を妨げないように、2.7φの穴をあけました。Cupring01
 次に、ジョイントのボール部分がハマる部分を削りますが、写真のような特殊な、中ぐりバイトで、硬くなく、緩くなくのかげんに削りました。Nakaguri01
Jyointhed01  しかしボール部分は、正円ではなく、いびつです。長い方を合わせるしかありません。うまくいくのかどうか心配でした。はじめ2個ほど削ってみてすり割りを、糸鋸で切った試作品で上体を確認します。Testpece01  結果は良好なので、量産に移ります。Nakaguri02  全部削ったところで、前回と同じように、彫刻機で冶具を使って切込みを付けました。そして、ウォーム軸に、2.7φのドリルの柄の部分を使って押し込みました。Kanseihin02
Kumitsuke001
  完成状態です。これを動力装置に組み込みました。これで完成です。Kumitsuke02
Kumitsuke01
Kimitate01  秋のけんかつ運転会では、問題なく走行しました。これで、安心して運転会で使えそうです。
 Siunten01  さて、はめるのに、2.7φのドリルの柄ではちょっとやりにくいので、その後はめ込み用の冶具も作りました。これならば容易にはめ込みができると思います。Hamekomijigu01
Kanseihin03  ともかく修理部品として、50台分くらいつくりましたので、もし、同じジョイントのトラブルで不動車をお抱えの方は、1両分(2個)実費300円+送料82円でお分けしますので、ご相談ください。

2017年10月21日 (土)

2017 鉄道模型ショー 本日開催。

本日より、日本鉄道模型協会主催「2017鉄道模型ショー」が、大田区産業プラザで開催中です。2017show02701
Dscn7369
Dscn7373 台風が接近という報道の中、足元の悪いところ、たくさんのご来場をいただいております。Dscn7372
 会期は明日10月22日17:00までです。ご来場をお待ちしています。

2017年10月 4日 (水)

ジョイントを作る。

 さて、うちの店の在庫品のTOMIX製がEF66が3台の骨底つことが判明しました。検査の結果、同じようにジョイントが割れていたものがありました。このままでは、お客様に売れなません。メーカーには、善処願いたいところです。
 仕方ないので、1台自家用にすることで、対処しようと思います。
Zaikohin01
 とりあえず、クラックの入っているジョイントカップリングを作ればよさそうです。某社のプラ製中空軸が、ちょうど使えそうなので、とりあえず、試作を作りました。
Chukuujiku01
Testpece01
 これなら何とかなりそうなので、量産に移ります。パーツには、2φの軸に留まるように、1.9φの穴が開いています。これにボールジョイントが入る様に、3.1φの穴を、途中まであけます。Anaake01
Anaake02
 問題なのは、ジョイントのすり割りを切ることです。これは冶具を作って切ることになります。12φの黄銅の残材に4φの穴をあけて、途中まで、フライスで削り落として冶具にしました。Jigu01
 幸いにも、材を押し込んだだけで、固定できたので良かったです。片側を切ったところで、冶具に1φのピンを植えて、切込みを差し込んで180°反対側を切りました。
Mizokiri01
 出来上がり。30台分うまい具合に完成しました。
Jyointocup01
Jyointocup02
 これでうまくいったと思いましたが、ここまで来て、とんだ落とし穴があったことに気が付きました。これが無駄になる落とし穴とは。この続きは、関東合運の後で…。

中秋の名月

 我が家屋上からの月。時々、薄雲がかかります。10月の中秋の名月は、8年ぶりだそうです。Moon171014_2
 残念ながら、手持ちコンデジなので、画面中央に決まっていません。

2017年9月28日 (木)

修理結果に失望。

 先日、5月の静岡トレインフェスタで故障した、TOMIXのEF66の修理を依頼されたので、問屋経由でメーカーしゅうるを依頼しました。ほぼ、1か月を費やして、戻ってきた結果が修理不能とのことでした。
Ef6601
 理由は修理報告に書いてありますが、あまりの結果に今まで修理を依頼していた信頼を失う結果が書いてありました。
Ef6602
 まず、第一の理由。「2003年生産の製品のため、部品がありません」とのこと。欠損しているのは、モーターからギヤーケースに至る、駆動ジョイントのカップリング。欠損のため動力が伝達できなくなっています。ただし、先日発売になったEF64の部分を見ると、ほとんど同じで、交換は可能に見えます。
Jyoint01
 第2の理由。「独自の塗装を施されているので、塗装の剥がれが起こるので、分解不能。」
これが理由かね?
 ジョイントの修理に分解は当然のこと。そのリスクは承知の上で修理依頼をしているのに、1か月の放置した挙句、修理箇所の特定もせずに返して来たわけですか?完全にアフターサービスの放棄ですね。あまりにひどい。今まで、信頼していたメーカーでしたが、今後は考え方を変えないといけません。
 実は同じ年式の製品が、まだうちの店頭に在庫しています。
Zaikohin01
 念のため、1台あけてみたところ、同じジョイントカップリングにクラックが入っています。
Jyoint02
 どう見ても製造上の不良に見えなくもありません。こうなっていては、他の2台も確認しないと、販売できませんし、こういう場合は、どう扱ってくれるのでしょうトミーさん。
 なお、同型のEF66をお持ちの方は、一度、ご確認することをお勧めします。

2017年9月15日 (金)

第41回鉄道模型ショウ

 今年も、第41回鉄道模型ショウが、大田区産業プラザで開催されます。日時は、2017年10月21日(土)10:00~18:00  10月22日(日)10:00~17:00 です。また、21日18:30より、会場4Fのコンベンションホールにて、ユーザー、メーカーとの懇親会も開催されます。
 たくさんのご来場をお待ちいたしております。ぜひ、ご来場ください。
 
2017show02701_2
 なお、入場料は、当日券(大人)¥1,200 (小・中学生無料)
 前売り券は、¥1,000  会員・参加メーカー店頭でお求めいただくか、ローソン・ミニストップでもお求めいただけます。(L コード 33386)

2017年8月 2日 (水)

2017 野毛地区センター運転会

 毎年、恒例行事となりました、野毛地区センターの模型運転会が、今週末8月5日~6日に開催します。当日当クラブは16.5mmのレイアウトを担当します。長編成の車両がたくさん走る予定です。2017tetudoufesta026
 当日は、一般の方の見学もできますので、お近くの方は、ぜひお立ち寄りください。ご来場をお待ちいたしております。

2017年7月30日 (日)

郵便カブ45周年フレーム切手

 5月19日以来、ブログの方がお留守になってしまいました。その間静岡トレインフェスタに出した583系の13両フル編成は、増備した新車のモーター不良により、わずか1周で運転取りやめとなり、先日メーカー修理からも戻ってきたという結果に終わりました。その後、公私に、いろいろアクシデントがあったりして忙しい毎日でした。(こっちが具合悪くなりそう)
 さて、詳しいことは忘れてしまいましたが、確か去年の暮れに、ネットで見つけて、息子が知り合いに申し込むというので、自分のも頼んでおいた、郵政カブのミニチュア付きフレーム切手セットが、先日リリースされました。昨日、息子が、頼んだ友人の勤務先、八王子郵便局まで取りに行ってきました。愛用の郵便カブで…。(郵便局にそんなので行って大丈夫か?)
 で、手元に来たのが、これ。Sotobako01  正式には、郵政機動車というらしい。MDはメールデリバリーの頭文字。90は90㏄ということです。フロントのバッグキャリアとリアのボックスを取り付ける大型のキャリアが普通のスーパーカブと違います。また燃料タンクも大型になっていて、航続距離を稼げるようになっています。何より車体が赤いのが目を引きますね。
 あけてみます。Furemkitte01  切手は、写真と切手の料金部分を切り取れるようになった。52円のシール切手が10枚付いていて、絵と1枚のシートになったものが付いています。ミニチュアの方には、スペックなどの書かれた台紙と共にケースに入ったものが入っています。
 出してみましょう。Mokei01  製作は、最近このようなミニチュアを専門に作っている、京商によるもので、小田急の向ヶ丘遊園のモノレールも同じメーカーです。
 反対側。Mokei03 後ろから。Mokei04
 近年、海外生産になったとか、スクーターのような「GEAR」の導入で、打ち切りのうわさも出ている、ホンダのスーパーカブですが、最新型の郵政仕様も見かけるので、まだしばらくは、お目にかかることもありそうですね。

2017年5月19日 (金)

模型のリハビリ

 ここ最近の忙しさに、自分の模型製作など、疎遠な状態でした。全くやる気も怒らないし、第一、その時間が取れないのが実情でした。
 さて、明日5月20日~21日に、静岡トレインフェスタが開催されます。それに合わせて、583系寝台特急「はくつる」を、フル13両編成にしようと思いました。車両自体は昨年の関東合運の時に入れるつもりで買ってはありました。ただ、やる気が起こらなかっただけです。ゴールデンウイークに湘南クラブの運転会に行って、少しばかりやる気を起こした感じです。
 さて、まずは、車号と表記のインレタを貼っていきます。Inreta04 これが結構手間がかかります。文字をカッターで切り離して、セロハンテープで所定の位置に仮止めして、使い古しのボールペンでこすりつけます。ちゃんと張り付いたか確認しながら、静かに台紙をはがせばよいわけです。Inreta07 中にはきれいに付かないで、やり直すことも時々あったりします。
 次に、座席の色入れと、シートカバーの貼り付けです。色はGMの青15号を使いましたが、はっきり言って、あまり良い色合いではありません。Zaseki02
Zaseki03 昔、売っていた色とだいぶ違っているようです。シートカバーは、ラベルシートを、切って座席ごとに張り付ければ出来上がりです。Seatcover01 これだけでも窓越しに見える室内の様子が変わります。Seatcover04
 最後に、列車名、号車札、特急サボを張ってようやく出来上がりです。Sabo01
Sabo03
これで、実物通りの13両フル編成で、明日からのトレインフェスタを駆け抜ける予定です。

スマホデビュー

 2008年以来使っていた、携帯電話が、ついに壊れてしまいました。Keitai01  電話やメールの機能などは、生きているのですが、ディスプレーが全く役に立たないので、電話番号やメールの文字などが全く見えません。修理する部品もないので、結局、買い替えということになりました。
 で、ショップでいろいろ見た結果、初スマホを、i phon7にすることにしました。待たされること30分やっと順番が回ってきたところで、いろいろ料金契約などの説明を受けましたが、はっきり言って毎度チンプンカンプン。何が、安いんだか、得なんだか、損なんだかよくわからないうちに、機種変更終了、設定で四苦八苦しながらなんとか電話とメールは使えそうな感じになりました。で、先ほどの、徳嵩孫高わからないうちに、購入金額と割引金額で、i padも付いてきてしまいましたり、データー保存にとストレージをつけられたりして、なんかいろいろ増えてしまいました。Iphon7ipad01 スマホのよくわからない使い方は、コン☆テツに聞きながらなんとかしようと思います。i padの方は、前にルーター購入時に付いてきた、ⅾtabよりは便利に使えそうです。これから、使い方を覚えるのが大変です。Iphon7ipad03

«間もなく開催、グランシップトレインフェスタ2017

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31