フォト
無料ブログはココログ

zard

2020年8月26日 (水)

各停で白河まで。

 毎年8月の土曜、日曜を使って、白河の大統寺という、臨済宗のお寺で、寺子屋教室として、鉄道模型の運転会をやっています。最近は、認知症の親の関係で、宿泊せずに日帰りをしています。前日、コン☆テツが車で車両共に行っているので、帰りは車で帰ります。
 今年は、新型コロナウイルス感染のため、開催が危ぶまれましたが、決行するということで、伺うことにしました。例年ですと、新幹線で新白河まで行き、在来線に乗り換えて、白河まで行くのですが、今年は、JREポイントの期間限定ポイント消化策として、在来線で行くことにしました。
 まず、グリーン兼引き換えのため上野駅に行き、ポイント消化と、乗車券を購入し予定していた電車より早い6:48の快速ラビットで宇都宮に行きます。 

Ueno01_20200825235401 Ueno02
  黒磯までの直通がないので、宇都宮で、黒磯行きの電車に乗り換えます。車両は、元京葉線か武蔵野線に居た205系の4連改造車です。
Utsunomiya04
 発車を待っている間に、隣のホームに烏山線用のアキュムが入線してきました。(折り返しは回送でした)
Accyumu01_20200826000301
 205系のロングシートで、終点の黒磯まで行きます。
Kuroiso00
折角なので、乗ってきた205系の各社を撮影しておきました。(掲載はクハ204のみです)
Kuroiso205
 黒磯といえば、昔から、東北線の要衝です。特に電化後は、ここから電気が、直流1500Vから交流20000Vに変るので、かつては駅構内で変換をしていました。ところが3年前に駅構内は直流のみになり、黒磯駅を発車後、デッドセクションを設けて、車上切り替えになりました。
 直通する貨物列車は、すべてEH500になったので、乗務員の交代のみになりました。
Kuroiso01 Kuroiso02
 かつては、東京寄りには、直流機のEF65やEF66などの機関車が留置されていて、反対に福島方にはED75が居たりして、貨物列車が到着するたびに、構内の電気を切り替えて機関車を交換していました。
 ところが、電車の方は、通過していた485系や583系などの特急電車は、交直電車でしたが、普通電車は東京寄りは直流専用。また、福島方は、交流専用でしたので、駅構内の設備改修後は。直通運転ができなくなりました。そこで、昨年までは、常磐線・水戸線で使用されている、E531系電車とキハ110の交互で運転していましたが、今年から、E531系のワンマン運転に代わりました。
Kuroiso03 Kuroiso04  
 このE531系には、運転席上部に、5両分の画像を表示するモニターが付いていて、車体側面にカメラがつけられています。
 さて、ここで、最初に予定した上野発7:16発に乗ったのと同じ時間になってしまいました。黒磯で、1時間ロスタイムということのなりました。この先は、E531で新白河に行きます。ここで、再び乗り換え。
Shinnsirakawa01 Shinnsirakawa02
 新白河駅では、同じホームに着きますが、ここから、郡山行きの701系電車に乗り換えます。改修前ならばこの電車が黒磯まで来ていたのでした。たった一駅ですが、この電車に乗り換えて、目的の白河に行きました。
 Shirakawa01
 白河に到着しました。この駅もかつては、東北線の要衝で、機関区もあったはずです。
 時代の流れとは言うものの、今、合理化のために、かつての要衝とされていた駅が、どんどん寂れていくのを見ると、とても寂しくなります。兵どもの夢の跡をちょっと振り返ってみた小旅行でした。

 

2020年8月 3日 (月)

第45回鉄道模型ショー開催中止のお知らせ。

日本鉄道模型協会より、2020年13月3~4日開催予定でした、第45回鉄道模型ショーは、新型コロナウィルス感染が拡大している昨今、拡散防止の観点、並びに収束の見込みが立たないため、残念ながら、開催を中止することになりました。お楽しみにしていただいたお客様には誠に残念ではございますが、何卒、ご了承いただきますよう、お願いいたします。

来年の、開催予定につきましては。協会ホームページ等でご覧いただきますよう、お願いいたします。

Show1301_20200803234201写真は昨年の会場風景

 

2020年7月21日 (火)

飯田橋駅改良工事完成。

 7月中は、雨の毎日、加えて、新型コロナウイルスの、再び感染者が増えつつある状態です。早く収まってほしいものです。この日は病院に診察に行く日でした。いった病院は厳重なコロナ対策で、検温、健康調査などをしないと中へ入れてくれません。医療現場は今でも大変です。
 さて、7月12日に、今まで、改良工事中でした、飯田橋駅が、一部テナント部分を除いて、完成移転しました。
 新しくできた改札口は、牛込橋に直結した状態になりました。黒を基調としたシックなデザインになっています。Dscn9139横に回ってみると、2回はテナントが入るようで、まだ、オープンしていません。

Dscn9141
 階段を上がると、正面に改札口がありますが、快速線と緩行線の真上なので改札機はオフセットしています。両側はテナントの入り口になる予定のようで、まだ囲いで覆われています。

Dscn9142  改札からなかにはいってみます。エレベーターの奥にトイレがあります。その手前はエスカレーター。階段は、水道橋側と市ヶ谷川に2か所できました。

Dscn9143_20200721001101 Dscn9145_20200721001101 Dscn9146_20200721001201     
 
水道橋側の窓からは、仮改札口へいくこ線橋が見えます。これもそのうち撤去されるのでしょう。

Dscn9144_20200721001501

ホームへ降りてみます。以前折り返し線に使っていた部分を、ホームに利用しました。とりあえず先端に行ってみます。

Dscn9148_20200721001801
あまり広くありません。隣を走る快速線とは若干段差があります。緩行線は牛込橋から水道橋に向けて上り勾配になっていますが、快速線は市ヶ谷からだらだら坂で飯田町に向かっているので、かつて、貨物や客車列車時代の勾配対策なのでしょうか。
Dscn9147_20200721002401
次に、水道橋側に行ってみます。
Dscn9149_20200721002501 Dscn9150_20200721002601
かつてのホームは、柵ができて、水道橋出口方面への通路として使われています。このカーブホームももう使うことはありませんね。
振り返って、駆る改札こ線橋側を見ています。
Dscn9151_20200721003001 Dscn9153_20200721003101
撤去された階段を除いた上の部分が、まだ残っています。
停車位置は、ほぼ、以前の先頭部分が、現在の最後尾になりました。
Dscn9152_20200721003101
そして、今まで使われていた、仮改札口は、閉鎖されてしまいました。(病院に行くには便利だったのですけど)
Dscn9137_20200721003801
観察を始めて、2年間。やっと危険と言われていた、飯田橋のカーブホームが解消されました。電車から降りるたびに、踏み外したらどうしようという心配がやっとなくなりました。これからは、少し安心して乗り降りできますね。

2020年5月24日 (日)

飯田橋駅改良工事の状況

 世の中、新型コロナウイルスの影響で、外出もままならない日々が続いています。数か月に一度、飯田橋の病院に私も通っていますが。いろいろ大変です。中に入るにも、手の消毒、体温測定、体調、渡航歴など、アンケートの記入をして、やっと中に入れるという状態で、診察も予約の患者以外は入れないようです。
 そんな様子ですが、一部首都圏を除いて緊急事態宣言が緩和されたのがきっかけなのか、電車は結構乗っていました。
 さて、飯田橋の駅ですが、駅舎の周りを覆っていた、鉄のフェンスが一部取り払われ、駅舎全体を覆っていた囲いも撤去されて、外観が見える様になっていました。
Dscn9126 
 こちらは現在仮駅舎の出入り口になっています。

Dscn9129   正面入り口側です。牛込橋から会談で入るような形になっています。2階は何か商業施設にでもなるのでしょうか。

Dscn9131 反対側の神楽坂側の様子です。ガラス張りの外観になっています。Dscn9133 ホーム上は、エスカレーターなどの工事が進行中のようでした。
Dscn9136 帰り際に、乗った電車から、市ヶ谷方を見たところです。完成すると、このあたりが停止位置になるのでしょうか。
 だいぶ、完成に近づいてきたようです。
 今月末には、渋谷駅の埼京・湘南新宿ラインホームの移設工事もあるようで、代々木駅も含め、あちこちで改良工事が行われているようで、ずいぶん様子が変わりますね。
 


2020年3月28日 (土)

飯田橋駅改良工事の状況。

 飯田橋の改良工事の状況です。去る3月27日、新型コロナウイルスの蔓延で、不要不急の外出がはばかられる中、医者の診察の帰りに、状況を観てきました。お堀の桜もこのところの暖かさで、早くも散り始めているようでした。
 新駅といえば、今年のダイヤ改正で新設された、高輪ゲートウエイ駅や新装開業の原宿駅の新駅舎が話題でした。こちらの開業は、いつになのでしょう。
 さて、ホームに目をやると、ホーム上アスファルトの舗装が施され、ほぼ完成の状態と見えました。

Dscn9122
駅舎の工事は、前回同様、覆いがかかっているので、伺い知ることができません。ただ、出発信号なのか、信号機が新たに設置されたようです。
Dscn9123 Dscn9125
仮改札の方から駅舎の工事状況を見たところも掲載しておきます。将来はこちらの方がメインの駅舎のなるのでしょうか。
Dscn9118
 また、次回はどこまで進むのでしょうか。

2020年1月14日 (火)

湘南クラブの新年会に行ってきました。

 2020年も、早々2週間が過ぎました。早速今年初の、湘南クラブの新年会に行ってきました。
 いつもは、上野東京ラインで、そのまま藤沢まで行くのですが、今回は、先日開通した、新宿から、羽沢・横浜国大経由で、行ってみることにしました。まず、新宿から、14:02発相鉄線海老名行きに乗ります。車両は期待した相鉄車ではなく、乗りなれた埼京E233でした。

Dscn9053  Dscn9055

運転台後ろには、進行方向を見ようと、たくさんのお鉄が群がっています。電車は、普通に湘南新宿ラインを武蔵小杉まで行き、新川崎の手前から、貨物線に入りますね。そして、鶴見駅の所から地下に入ります。長いトンネルを抜けると、横浜羽沢貨物駅が見え、再び地下に入ったところで、新駅の羽沢横浜国大に入ります。

Dscn9059 Dscn9058  

ここからは、相鉄線になり、西谷につきます。

Nishiya01 Nishiya02

ここで、特急の海老名行きに接続しますが、来たのは相鉄版E231の11000系でした。乗り換えれば少し早く着いたのですが、このまま、各停にお付き合いして、大和まで乗ります。
Yamato01 Yamato02
ここで小田急江ノ島線に乗り換えて、藤沢に向かいます。
Yamato03 Yamato04
各停より早く着く、快速急行に乗りました。珍しくなった鋼製車8000系でした。

Fujisawa01
さて、藤沢について、お土産を買い、新年会の会場である薬事会館に行きました。
Shounannkai01 Shounannkai02 Shounannkai05
会場には16.5mmと13mmのレイアウトが用意され、会員さんゲストさんの持ち寄った車両が走っています。さらに私の後から会場入りした、I社長さんによる、パフォーマンスも始まり、会場は一層にぎやかになりました。
Shounannkai04
運転会会場で、集合写真を撮影後、会場を変えて、新年会となりました。
Sinnenkai01 Sinnenkai02
皆様、お疲れ様でした。今年もまた、1年、宜しく、お願いします。



2020年1月 1日 (水)

謹賀新年。

 あけまして、おめでとうございます。
Dscn9011_20200101171401    

   旧年中は、皆様に、大変お世話になりました。
 仕事の方では、長らく遅れていたダイカストの成型に目途がつき、昨年後半から一部製品の再生産ができました。今年も、引き続き、ご要望の多い製品から、再生産を続けてまいります。ただし、あまりにも品切れの製品が多いので、しばらくはご不便をお掛けするかもしれませんが、安定供給できるまで、もうしばらくお待ちください。

 さて、今年は2020年。世の中は、オリンピック・パラリンピックの盛り上げが大変です。私たちの生活にも、期間中は宅配の遅れや、交通機関の混雑などの影響がありそうですね。それはそうとして、私も年齢的には定年の年になってしまいます。昨今体力、視力の衰えをひどく感じます。具合が悪くなるとなかなか回復しなくなりました。毎朝、散歩したり歩いて買い物に行ったりして、体を動かすように心がけて、少しでも体力維持をしようと思っています。
 親の介護も続いているので、模型の工作はしばらくやっていません、完成品を買うだけのなってしまったので、少しはたまったキットなどの消化もしたいところですが、毎日、やることが多すぎて時間ができないのが残念です。少しづつでも手を動かして、何かやらないといけませんね。
 とにかく健康には気を付けて、今年の暮れには悔いがないような一年を送りたいと思います。

 今年も、どうぞ、よろしく、お願いいたします。皆様にも良い年でありますよう、お祈りいたします。 

2019年12月 8日 (日)

関東合同運転会おやびん忘年会。

 今年も残すところ20日あまりになりました。そこで、毎年恒例の、関東合運おやびん会の忘年会が開催されました。

Dscn8938

店の名前は変わりましたが、場所は昨年と同じところです。

スタート時間になり、まずはおやびんの乾杯で開始です。

Dscn8941

まずはビールですが、中ジョッキと大ジョッキの差に驚きます。量的には、ほぼ倍に見えます。

Dscn8939

宴も進んだところで、これまた恒例の、年間活動DVDの上映。

Dscn8954

見ると、ほとんど宴会のようですね。

ということで、今年の活動もほぼ終了です。皆さん、また来年も楽しみましょう。

2019年10月17日 (木)

鉄道模型ショーと関東合運掛け持ち+台風も

 10月11日から、14日の週末は、私としては、大変な週末でした。

 まず、10月11日は、11日土曜日12日日曜日にかけて、鉄道模型協会主催の、2019鉄道模型ショーが開催されるので、そのための準備に、大田区産業プラザに行き、ショーの準備です。

Pio01  Show01  

 ところが、今年は、今までにない問題がありました。土日にかけて、巨大な台風19号が、接近、上陸するとのこと。首都圏の鉄道各社は計画運休を発表する。土曜日はほとんどすべての路線で電車が止まることになるとの情報が出ました。ショーを開催しても、足がなければお客さんも来られませんし、会場スタッフも帰宅困難になってしまいます。役員スタッフで、協議の結果12日土曜日のショーは中止し翌日の13日日曜の1日開催に決まりました。すでに時間の迫っていたので、告知は取り敢えず、出展者、スタッフのSNSで情報拡散をして、HPの書き換えをすることで、情報発信をしました。出展社も準備ができたところで、早めの帰宅をしました。

 翌日は、関東合運の準備の日でしたが、朝から天気予報で、外出は危険。と連呼していたので、けんかつへの資材運び込みは断念し、うちで、ゆっくり日曜のショーの準備ができました。

 さて、台風一過の13日は大変でした。まず、朝6時起きで、けんかつへ前日運べなかったレイアウトボードや車両などを、運ばなければなりません。増水した荒川を見ながら、首都高川口線を行きますが、東北道通行止めで、新井宿で強制的におろされます。

Arakawa01  

国道122号線を行きましたが、途中岩槻の国道16号線との交差点で大渋滞に、16号線の大宮方面が冠水のため通行止めになっていて、迂回。予定の8時けんかつ着を、30分オーバーで到着。荷物を降ろし、私と車は蒲田のPIOへ。開場時間10分過ぎに到着しましたが、まだ電車が満足に走っていないにもかかわらず、たくさんのお客さんが来場していました。有難い事です。

Show1301_20191017001901 Show1302_20191017002001

 前日の中止を受けて、13日は、開場時間を1時間延長しました。アクシデントがあったものの、とにかく無事終了しました。

Show1303_20191017002201

 14日は、今度は、関東合運の片付けに行かなくてはなりません。

Shuppatu1401_20191017002301

 今度は、東北道も開通しているので、1時間ほどで、けんかつに到着。関東合運に参加しました。

Gouun1401_20191017002601 Gouun1402_20191017002601   

今回のテーマは国鉄時代語り継がれている、大幅改正があった。ヨンサントオの時代の車両がテーマになっていました。

Gouuntema01_20191017002901

 自分の車両を並べる間もなく、このお二方のイベント、スピードコンテストが始まってしまいました。だんだんうちのレイアウトの恒例行事化してきます。

 Supikon01_20191017003201

 で、結局こうなります。それを証拠の写真を撮る某社長様です。

Supikon02_20191017003401 Supikon03_20191017003401

 お昼は、前日、ショーでは食べる暇がなかった分、ゆっくり定食を食べました。

Karaageteisyoku01_20191017003601

というわけで、前代未聞の忙しさの、先週末4日間でした。

来年は、関東合運と鉄道模型ショーは、日程は、1週間のインターバルがあるので、どちらも、落ち着いてできそうです。

ぜひ、来年は、鉄道模型ショーもたくさんの皆様を、お待ちしています。

 

2019年10月 5日 (土)

飯田橋駅改良工事の状況。

 今日、(10月4日)医者の帰りに、飯田橋の改良工事に状況を見てきました。橋の上から見た限りは、変化がありません。たぶんこれで、ほぼ完成ということなのでしょう。相変わらず、1か所だけついていないのも、変わっていませんでした。Dscn8850 Dscn8852

 駅舎の方は、前回8月と同じように、ネットで覆われてしまっているので、中は、伺い知れません。たぶん外観が出来上がるまでネットは取れないでしょう。

Dscn8853  

 駅舎の下に目をやると、現在のホームから新しく延長した部分までのホーム部分の工事が始まっていました。一部はホームの基礎が取り付けられています。階段の基礎もついています。

Dscn8856 Dscn8859

 写真の下り電車の最後尾部分に今の仮設の階段がありますから、そのあたりが新しいホームの先頭になるようです。完成すると、いまの仮設階段は撤去されるのでしょう。

Dscn8860

 現在の新宿方ホーム端から延伸部分を見てみます。カーブはしていますがだいぶ緩和されます。

 次は12月に医者に行く予定なので、その時までにどこまで進むのか、楽しみです。

«日本鉄道模型ショー 2019開催のお知らせ。

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31