フォト
無料ブログはココログ

zard

« 山形運転会(その1) | トップページ | 後始末 »

2012年4月26日 (木)

山形運転会(その2)

 はつかり倶楽部山形運転会 2日目。
 朝食が済むと、レイアウトを設置した会場の鍵が開けられ、早速運転会の続きが始まる。
 持ち寄られた車両も、東北地方、特に地元仙台、山形付近の車両が目に付く。

Kouryuel
 仙山線で交流電化の試験運転で活躍したED44とED45。後に改番されて、ED90とED91になった。その隣にはクモハ73から改造された、クモハ490もある。
 ヤードに並んだ中には、山形交通の電車。手前はウチのDD54その手前の鉄橋は。プラレールの鉄橋を利用したもの。
Yamagatakoutuu
 こちらは、国鉄旧型電機郡EF10、EF13、EF15など。
Kyuugatael
トロッコ気動車、「風っ子」細かい塗り分けや室内のインテリアも良く出来ている。
Kazekkom
 せっかくなので、ウチのDD54もコンテツの「あけぼの」を牽引させてみた。途中不具合か時々勝手に停車した。(要点検)
Dd5401
 2日目の日程は、午前中で、遠方に帰る人も多いので、12時には、撤収終了。片づけが終わった後、昼食会があったのだが、こちらは、きぬやまセンター長と平機関区さんと共に、帰り道「ばんえつ物語号」と東武乗り入れ日光号用から新しく「あいづライナー」になった485系を撮りながら帰ることにした。
 帰り道、山形鉄道の荒砥駅近くの鉄橋を見て帰ることにした。写真を撮って帰ろうとすると、「風っ子桜回廊号」が来た。
Aratotekkyou Kazekko01a
 電池の入れ替えに手間取っていたら、間に合わなかった。おまけに黒いものにカメラ前を横切られた。
Kazekko03
 おお、さっき見た模型とおんなじだ。
 ここからは、米沢に出て、R-121号で喜多方に出る。途中の峠道は、まだ雪がたくさん残っていた。大寒波のなごり。
R121
 喜多方で、遅めの昼食。ここはやっぱりラーメンでしょう。今回は、R‐121沿いの一平にした。
Ippeiraamen
注文した、特製ラーメン、と半チャーハン(画像なし)ラーメンの上にあるのは、山盛りになったネギ。食べ応えあった。(半チャーハンは多かったか?)
Sraamen
 腹ごしらえが出来たところで、「ばんもの」を撮る場所に向かった。一昨年同様喜多方ー山都間の某踏切。前回は、山側だったが、今回は、踏切の下側に構えた。
 まず、野沢からの上り234D。この列車が、喜多方で「ばんもの」と交換する。
234d
 キハ110の間に キハ130が入っている3両編成。
 しばらくすると、喜多方を発車するC57の汽笛が聞こえ、家並の中を白い蒸気が動いている。まもなくドラフト音共にC57180牽引の「ばんえつ物語号」がやってきた。
Banmono01 Banmono02
 目の前をドラフト音と共に通過。寒かったので、白い蒸気が迫力を増すシーンだった。
 撮影後、今度は、「あいづライナー」を撮るために、東長原ー磐梯町に向かった。
 場所につくと上りの1236Mがきた。この電車が、磐梯町で、お目当ての「あいづライナー3号」と交換してくる。
1236m
 場所を、少し代えて待つことしばし。「あいづライナー」が来た。
Aiduliner301 Aiduliner302
 これで、撮影は終了。その足で、磐梯町に送ってもらい、きぬやまセンター長と平機関区さんとはお別れ。われわれは、上り「あいづライナー6号」で郡山に。
Bandaimaci
Aiduliner601
 途中駅から乗って、混んでいると座れないので、指定席を買っておいたが、実際は結構空いていた。18時13分郡山着弁当、飲み物を買って、新幹線ホームへ。
Maxkoriyama
 郡山からは、18時37分発「やまびこ154号」で上野まで。車両はE2-1000番台?(八戸延伸増備車)だった。
 車内で夕食。
Gyuumesibentou01 Gyuumesibentou02
 今回の食事は、肉系が多かったね。
 19時50分上野到着。
Ueno20120422 
 終点、東京へ向かう「やまびこ・つばさ154号」を見送り、帰宅の途に。今回もはつかり倶楽部の皆さんや、きぬやまセンター長、平機関区さんをはじめ、お世話になりました。充実した2日間でした。  

« 山形運転会(その1) | トップページ | 後始末 »

模型」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578460/54560641

この記事へのトラックバック一覧です: 山形運転会(その2):

« 山形運転会(その1) | トップページ | 後始末 »