フォト
無料ブログはココログ

zard

« タ300を組む。 | トップページ | 入間基地航空祭 »

2012年11月 3日 (土)

タ300を組む。その2

 さて、後妻板の手すりだが、最近10年の国鉄車両という本に、2輌並んで写っている写真があった。それを見ると、やっぱり丸棒のようだ。0.3∮黄銅線で手すりを作ることにしたが、エッチングで開いている穴がバカでかい。仕方ないので、パイプで埋めることにした。外径0.6∮内径0.4∮の精密パイプを適当に切ってスペーサーにする。
Specer06 これを、手すりの穴に嵌めて、穴を小さくするわけ。
Anaume01 これで、0.4∮の穴になった。本当は、0.5X0.3のパイプがあればよかったのだが、なかったので、0.6X0.4にせざるを得なかった。
 とりあえず、14個の穴にパイプを嵌め、ハンダで固定するが、裏打ちしてある妻板内張りが邪魔をして半田が上手く回らない。
Anaume02  何とか固定したので、裏に出ているパイプを、適当にヤスリでつめて、手すりをつける。
ここで、秘密兵器登場。フジ工房チョイ曲げシリーズ、手すり基本曲げ機。実は、私の大学の先輩が定年後作っている。それを分けてもらった。
Tesurimageki これで、手するを曲げたのだが、最短にしても少しまだ長いので、曲げ直しが必要だった。
 とにかく7本取り付けてハンダ付けした。
Koubutumaita01  これで、前後の妻板が完成。今日はここまで。
 次はいよいよ車体の工作に移る。

« タ300を組む。 | トップページ | 入間基地航空祭 »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578460/56029199

この記事へのトラックバック一覧です: タ300を組む。その2:

« タ300を組む。 | トップページ | 入間基地航空祭 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31