フォト
無料ブログはココログ

zard

« 仕事納め | トップページ | 今年の一年を振り返って。 »

2012年12月30日 (日)

落ちたレンズ。(その後)

 去る12月24日に屋上から下の道路にダイブしたレンズだが、燃えないゴミにただ捨てるのもつまらないので、分解してみた。こんなこと、現役のレンズじゃあ勿体なくてできないけど、どうせ、捨てるしかないものなので、バラしてみよう。
 あちこちねじをとって全部分解したら、こんなに部品が出てきた。
187001_2 わっかものばかりこんなにたくさん部品があるとは。さすがに精密機器だ。その中から、レンズ。
Lenz01
 一番大きいのが、頭についているレンズ。レンズフィルターは落ちた衝撃で粉々に飛び散っていたが、レンズには大きな傷がなかった。そのほか凸レンズ、凹レンズがいくつか。拡大鏡に使えそうなので、捨てないでおく。
 AFレンズの心臓部。これは見てもわからないし、再利用のしようがない。捨てョ。
Denkibuhin01
 落ちた時の衝撃を物語るいくつかの部品。プラなので、こうなってはただのゴミ!
Ring01_2
 最後に摘出した絞り羽。反対側には、1個レンズがついていた。外から見ると大きく見えるが、実際にはこんなに小さいとはね。Sibori01 こんな風に、開く。
Sibori02 で、指を離すとバネで閉じる。
Sibori03 再度、組み立てようとしたが、バラすのに夢中になりすぎて、組み立て順がわからなくなってしまった。というが、組み立てたところで、使えるようになるわけじゃないし、おもちゃで、使えそうなものを取ったら、あとは捨てョ。勿体ないけどね。













« 仕事納め | トップページ | 今年の一年を振り返って。 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

 今時のレンズは電子部品が不可欠、というのがよくわかります。

 最近のAFレンズや、デジタルカメラは、ほとんど家電品のようですね。昔のカメラからすると、いわゆる「ブラックボックス」が多くなり、外出先での緊急の措置ができなくなりました。何しろ、最近のものは、便利になっても、電気が無ければ、何もできないものになりましたね、

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578460/56421119

この記事へのトラックバック一覧です: 落ちたレンズ。(その後):

« 仕事納め | トップページ | 今年の一年を振り返って。 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31