フォト
無料ブログはココログ

zard

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

今年の一年を振り返って。

 1年の計は、元旦にあり。といわれているが、今年1年を振り返って、さて、念頭の計画がどれくらい消化しただろうか。まず、模型工作は、今年の1月から始めたクモニ83とクモユニ82は、いまだ完成に至らず、前面の窓枠をつけたところで、休止状態になっている。Zenmenmadowaku17 年末のイベントに間に合わないので、急遽間に合わせた、新貨車工房のタ300が完成したのがやっとだった。
Kanseif01 クモニとクモユニは、夏前までは、やる気が有ったものの、夏の毎週運転会が有ったのと9月に鉄模連のイベントで米子に行ってから、やる気がなくなったのが原因だった。深く反省。来年の5月の静岡トレインフェスタまでに完成させたいがいかがなものか?

 旅行について。
 今年は、とんでもない方向を経由して、2回も大阪に行ってしまった。まずはじめは、1月に、新潟から581系の「きたぐに」で。3月には青森まで行って「日本海」でと、東京からだとまずいかない方法で関西旅行に行ったのだった。
Kitaguni581niigata2012 Nihonkaikagaonsen2012  で、この旅行にお金が掛かりすぎたのと、その後、景気が悪かったので、どこも行かれなかった。ただ、鉄模連のイベントで、9月に米子まで行って来た。お陰で帰りにサンライズ出雲のA寝台に乗せてもらった。
 買ったもの。
 自室用にノートパソコンを買ったっけ。
 無くした物、この間、屋上から落としたレンズ(泣)
 後は、バイクに復帰した。まだ仕事の生き返りくらいだけど・・・。
まあ、とにかく今年1年無事が何よりで、終われたことに感謝して、来年が良い年でありますよう。
 皆さん良いお年を・・・。

2012年12月30日 (日)

落ちたレンズ。(その後)

 去る12月24日に屋上から下の道路にダイブしたレンズだが、燃えないゴミにただ捨てるのもつまらないので、分解してみた。こんなこと、現役のレンズじゃあ勿体なくてできないけど、どうせ、捨てるしかないものなので、バラしてみよう。
 あちこちねじをとって全部分解したら、こんなに部品が出てきた。
187001_2 わっかものばかりこんなにたくさん部品があるとは。さすがに精密機器だ。その中から、レンズ。
Lenz01
 一番大きいのが、頭についているレンズ。レンズフィルターは落ちた衝撃で粉々に飛び散っていたが、レンズには大きな傷がなかった。そのほか凸レンズ、凹レンズがいくつか。拡大鏡に使えそうなので、捨てないでおく。
 AFレンズの心臓部。これは見てもわからないし、再利用のしようがない。捨てョ。
Denkibuhin01
 落ちた時の衝撃を物語るいくつかの部品。プラなので、こうなってはただのゴミ!
Ring01_2
 最後に摘出した絞り羽。反対側には、1個レンズがついていた。外から見ると大きく見えるが、実際にはこんなに小さいとはね。Sibori01 こんな風に、開く。
Sibori02 で、指を離すとバネで閉じる。
Sibori03 再度、組み立てようとしたが、バラすのに夢中になりすぎて、組み立て順がわからなくなってしまった。というが、組み立てたところで、使えるようになるわけじゃないし、おもちゃで、使えそうなものを取ったら、あとは捨てョ。勿体ないけどね。













2012年12月28日 (金)

仕事納め

 12月も28日、あと4日で2012年も大晦日を迎える。今年も、本日、10.5∮のタイヤが削り終わったのと、通販、注文品の年内の納品が終わったところで、仕事納めとした。(ショウルームは明日まで営業します)

Ibm8195121228  昨年の震災の影響か、はたまたEUの経済破綻なのか、中国の尖閣問題の影響か、今年は景気の悪い年だった。来年は、もう少し景気が上向いて欲しいものだ。
                ね!安倍さん。
 明日からは、大掃除。といっても、家中全部できるわけではないし、会社の事務所と工場は、適当に片付けて置こう。(どうせ、すぐに散らかってしまうし)だって、明日で、年内のごみ収集はおしまいなのだから。
 

2012年12月24日 (月)

クリスマスイブのハプニング

 皆さんご存知、本日は、クリスマスイブ。屋上から見えるスカイツリーもクリスマスイルミネーションになっていた。
Skytree12122501 赤と緑のイルミネーションになっているのだが、撮影に行った時はグリーンだった。

 実は、悲しいお知らせ。
 この撮影に使った、18-70mmのレンズが、これを撮影したのを最後に、不燃ごみになってしまったのだ。
 撮影終了後、マニュアルの135mmと交換して撮影した後、元に戻そうとした時、悲劇が起こった。レンズキャップを取ろうとしたとき、手は滑って、こともあろうに、屋上の柵の間からヤツは下の道路に飛び降りてしまった。(lll゚Д゚)
 幸いにも転落した下に人や車が通ってなかったのが救いだった。
 残骸を収容。orz
Kowaretalenz01  レンズキャップも2~3日前に新品にしたし、レンズフードもオッサンに貰った18‐135mmから取り替えたばかり。長さには多少不満のあったものの、マウントも金属で性能が良かっただけに、悔いが残る。仕方がないので、これからは、オッサンに貰った、エラーの出る18-135mmを使うしかなくなってしまった。
 悔やんでも、悔やみきれない一瞬であった。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

2012年12月23日 (日)

さいたま鉄道模型フェスタ

 12月22日~23日の2日間、大宮ソニックシティーで、「さいたま鉄道模型フェスタ」が開催されているので行ってみた。
 Soniccity01 会場は、大宮駅から5分ほどの「大宮ソニックシティー」の地下1Fの展示ホール。
Tetudoufair01 小ぢんまりとした場所の中には、たくさんのメーカーが店を構えていて、かなりの熱気があった。以前はNゲージが主体のフェアーだったが、最近は、1/80や1/87などのメーカーも参戦してきていた。中には関西からの遠征メーカーもあり、にぎやかなショウになっていた。Tetudoufair02 品物も、N、1/80、1/87、スタンダードゲージの車両から、ナローゲージ、1番のメーカーもあった。そのほか、レイアウト用品、鉄道関連グッツなどの販売もしていた。
 2012年年末最後の鉄道模型フェスタで半日ほど、参観してきた。
 皆さん、また来年も、景気のいい年になるようがんばろう。

2012年12月21日 (金)

暮れの準備(年賀状 その2)

 今日は、会社の年賀状のあて名書き。とはいっても、データーにしてある住所をプリンターで印刷するだけなので簡単である。
Atenainsatu01 ただし、操作を間違えると全部パーになってしまうので、最初は緊張する。まず、使い残しの昨年や、一昨年の余ったはがきでテストをして、位置が大丈夫か確かめてから、本番の印刷に移る。スピードアップはしてもそれなりの緊張は必要。でも、文字印刷なので、印刷は瞬く間に完成。
 あとは昨日印刷して、残った自分用のはがきの印刷をすれば今日は終了。ただ、個人用は、印刷せず、手書きで宛名を書くことにしているのだ。両面印刷では、あまりに味気なさすぎると思っているのでね。

暮れの準備(年賀状)

 暮れの準備の年賀状。会社の印刷が終わったので自分用のデザインを作った。だが、画像で見るとよく見える写真が印刷にかけてみるとあまりよくない。印刷のプロパティーなどを開いて、超精密にしてみたり、いろいろ試してみたが、それほど効果がなかった。試しに写真用紙に印刷してみたら、きれいに出た。はがきのせいだが、いまさら、写真印刷用を買ってくるわけにいかないので、超精密で印刷。しようと思ったら、平成25年を15年にしていた。危うかった!100枚近くパーにするところだった。
 11時30分から印刷を始めたが、とても時間がかかるので、1時を過ぎても終わらなかったので、半分印刷したところでまた明日。

 そういえば、夕刊に、JR西で、日本一大きい鉄道博物館を作るようだ。http://www.westjr.co.jp/company/ir/movie/tetsudohakumovie.html
JR東の鉄道博物館に刺激されたのか東海、九州に続いて梅小路蒸気機関車館に併設して作るようだ。世は「てっぱく」流行りのようだね。展示物を見ると、大阪科学館の収蔵車両が入るみたいだ。
 そういえば、まだ、東海のリニア鉄道間も行ってみていなかったっけ。

2012年12月17日 (月)

暮の準備(2)

 暮の準備、その2は、年賀状。
 とにかく、年末までに、会社と個人用の物を作らなければならないのである。会社用は、パターンが決まっているので、ちょっと干支の絵を換えるだけでOK。さらに宛名は、全部住所データーで印刷できるので、かなりスピードアップが可能になった。
 今日は、文面の印刷をしているところ。
2013nennga01  印刷が、100枚となると結構な時間が掛かる。1時間くらいで上れば有難い。
2013nennga02  今までは、この時期になると、3人が同時に年賀状の製作を始めるので、たいてい私の個人用が最後になってしまうので、今年は、こだわりの年賀状を何パターンも作るコン☆テツには自分のパソコンに筆まめを入れさせて、自室で作らせているので、渋滞緩和になった。後は、サービスでオッサンのを作るくらいで済みそうだ。
 何しろ全部あわせると300枚くらいになるので、プリンターのインクもバカにならない。結構な出費になるものだ。
 年末の大仕事。

2012年12月16日 (日)

暮れの準備

 すでに、12月も半ばの15日を過ぎてしまった。
 突然ではあるが、家の障子を張り替えろ。という指令により、住まいの障子の張り替えをすることに.なった。
 昨日、用意のために障子紙を買いに行った。薄いと破れやすいというので、厚手のを買ってきた。
 今日は、珍しく、昨日の飲み会の影響もなく無事だった。選挙の投票に行ってから、さっそく作業にかかる。和室の2部屋分、6枚を張り替えるのだが、2枚は、規格外のサイズなので、一枚では間に合わないので、繋がないとできないものがあった。
 障子紙は、巻いてあるので、広げても巻き癖がついているので、添付の仮止めシールでは効かないので、始末が悪い。セロハンテープも霧を吹いたりしたらやっぱり駄目だった。思いついたのが洗濯バサミで押えておく。これは効果絶大だった。
01 最初は、いろいろ試行錯誤しながら貼ってみたが、最後の2枚になるとすっかり要領も得たので、きれいに貼れた。
 前回、張り替えてから1年たって、黄ばんだ障子も、綺麗になった。
02 新年を迎える準備の一コマ。




 
 




 

根岸飲み会

 12月は忘年会の予定がいっぱいだ。今日、根岸飲み会と称する飲み会仲間の忘年会。いつの間にか、私が幹事役になってしまった。
 そもそも、先代林家三平師匠が「下町の学習院」と称して、有名にした、根岸小学校の同じクラスの仲間内の飲み会なのだが。年2~3回の開催で、特に12月は忘年会と称する。といっても、10人以上は集まったことはなく、今日も来たのは6人。まあ、小人数でやる飲み会も、またよし。つき出し、に餃子、カレートッピングのパン、焼きそば、ピザのほか、メインはこれ。
2012121519570000
 

 寒いときは、なべ。きょうは、青森、岩手あたりの「せんべい汁」で、ひとときを過ごした。ビール、焼酎など、適当にのんで、11時30分には終了。
 別れ際、今度は新年会をやれということだが、私にばかりふらないで、たまには私を呼んでくれ。

2012年12月 9日 (日)

決定!2012モデルブルーリボン賞

 毎年恒例、鉄道友の会東京支部模型部会、の12月例会は、この1年の間に完成した会員の模型作品による、モデルブルーリボン・ローレル賞の選考会が行われた。
 今年は、エントリー作品、13点。うち未完成などのリタイヤ、2点。当日エントリー1点の合計12作品が対象になった。(不作だったね)
 参加者は会場を車両が2週回る間に自己PRを行い、投票を促す。中には、実物デヴュー字に配布した記念券や、お菓子などの配布をする候補者もいたりする。
 参加者全員の発表の後、出席者全員で選考と投票をする。
 選考の様子。
2012mbl01 2012mbl02  全員の投票が済んだところで、開票。結果は、以下のごとく。
2012mbltokuhyou02  ということで、今年のモデルブルーリボン賞は、24票を獲得した1番の、「ゆいレール」に決定。
2012mblyuirail01 モデルローレル賞は、19票獲得の8番「リゾートやまどり」と8票獲得の「小田急では2220」
 他、入賞は、6票獲得で 同点の2番「205系埼京線」3番「いすみ鉄道300形」と、3票獲得で、やはり同点の10番「アンパンマントロッコ」(え~)と11番「183系0番代特急電車」に決定した。
 で、わがタ300は、残念ながら、オウンゴールの1点に終わった。
2012mblta300  参加者全員には、参加賞。
2012mblsankasyou01  トレカや工具入れなどにも使えるという、手提げ付MDケースでした。
 また、来年がんばろー。

2012年12月 8日 (土)

今日の出来事。

 今日、17時18分頃に、三陸沖を震源とするM7.3の地震が有った。ちょうど、仕事先のA社にいて、そろそろ帰ろうとした矢先だった。なんとなくゆらゆら揺れ始め、地震の揺れは、だんだん大きくなり、外に出るのをはばかるほど、落下物の危険を感じるくらいだった。地面が円を描いて揺れているような感じもした。2~3分揺れていたのだろうか?結構長かった。車で出ていたので、走行中だったらどうだっただろう?
 東京は、震度4を観測した。青森、岩手、宮城、福島では、震度5弱も観測したようで、そちら方面にお住まいの方は、被害に遭われなかったでしょうか?

 話は代わって、今日は、ズームレンズを1本貰うことになった。
 これ。AF-S Nikkor 18~135 F3.5~5.6G
Nikkor18135f3556g01  うちの「おっさん」のD80に付いていた物だが、調子が悪いので、中古の18~200のズームを買ったので、要らなくなったとのこと。
 私が使っているD70は18~70のズームが付いているので、それ以上は、マニュアルの135mmを使っていた。実用上望遠として使うのには不自由はないが、時として、固定焦点ではムリで、マニュアルのため、瞬時に交換できないで撮りそこなった時もあった。今度は135mmまでオートになるので、少しは便利かなと思う。
 ただ、このレンズ、気に入らないところが有って、それは、レンズマウントがプラなのだ。
Nikkorfmount01  実用上、問題ないと思うが、「おっさん」の話だと、時々接点の接触エラーを起こすらしい。それと、多分私が使っている分には大丈夫だと思うが。「コンテツ」のレンズは、マウントのつめを壊して、修理したことがある。
 ま、とにかく、一度試しに使ってみよう。

2012年12月 7日 (金)

タ300を組む(その15)

 先日貼った、デカールが浮いていることで、昨日、Brass Solderさんからアドバイスを頂いた。マークソフターを車体とデカールの間にしみこませると、いくらか良くなるようだ。手もとにないので、とりあえず、土曜の例会のために組み立てて、日曜にアキバに行って、買ってくるつもりでいた。なにしろ、近くに模型屋がないので・・・。(うちも、模型屋じゃなかったっけ) そうしたら、うちの「おっさん」が持っているというので、とりあえず借りた。
Mrmarksofter01  出てきたのが、GSIクレオスのMr.マークソフター。(グンゼと同じだっけ?)
 とにかく、頂いたコメントを参考に、浮き気味のデカールの周りに塗ってみた。
Marksyuusei01 確かに、浮いた感じのデカールの隙間に、マークソフターがしみこんでいくようだ。ただ、あまり擦ると、塗料が少し溶け出すような感じ。
 一通り塗って、スタンドの電気で温めたら、浮き上がりがいくらか解消したようだ。
Marksyuusei02  同じように、台枠の方も塗ってみたら、こちらの方が良く流れた。そうとう浮いていたみたい。
Marksyuusei03  この後、クリヤーで、オーバーコートすれば、完璧なのだが、水性クリヤーがないので、オーバコートは後回しにして(たぶんやらないかもしれない) とにかくここで、完成にしてみよう。
 取り外してあった。ケーディー№8を取り付けるが、その上にカプラー台が付くので、組み立てが面倒。その上、塗装で、開放テコが太ってしまったので、てこの入る穴を0.6∮のドリルでさらいなおした。  台車も取り付け、下回りも完成。
Tr4102  車体に取り付けた。
 Kanseif01  前側。
Kanseir01  そして、後ろ側。
 最初に手をつけたのが、11月1日だったので、ここまで、36日掛かった事になる。とにかく、例会に間に合った。                                終わり。

2012年12月 4日 (火)

タ300を組む(その14)

 塗料がよく乾くまで、まる1日ほど置いたところで、デカールを貼った。
Decarl01  最初、どうやって貼るものかよく分からなかったので、メーカーのHPなどを見てみたが、全く触れていない。インレタのように、台紙が剥れるわけではないので、インレタではなさそう。デカールというからには、水に漬ければいいのだろうか?
 不安なので、ためしに1つ切ってみて、
Decarl02  水につけてみた。
Decarl03  文字が、フィルムと一緒に浮いてきたので、水から上げて、車体に置いてみたら、少し大きかった。
Decarl04  何とか、はさみで詰めて、貼り付けた。
 要領は、プラモデルのデカールと同じなので、文字を切って、水に浮かせて貼り付けていった。このとき、最初の写真に有るように、ステンレスのスケールを使ったら、文字にキズがついてしまったので、プラの定規を使った。
 全部貼るのに、1時間くらい掛かっただろうか?
Decarl05 Decarl06  なんとなく、デカールが浮いているようなのと、フィルムの段差が目立つ。クリヤーラッカーで、オーバーコートしたほうが良さそうな感じだ。                 まだ続く。

2012年12月 2日 (日)

タ300を組む(その13)

 今日は、午前中天気がよさそうなので、予定通り、タ300の塗装をした。
 まず、前日までに酸洗いと塗装用具の用意をして、さらに塗装物に取っ手や、支えをつけておく。
 早速、作業に入る。
Jyunbi01  最初に、塗装下地、うちでは今まで使っていた、エッチングプライマーに代わり、密着バインダー(金属下地用)を使っている。これは、シンナーなどで希釈せず、そのまま吹き付けで使えるし、細かい部品は筆塗りも出来る。
 下地を満遍なく吹き付けたところで、車体色のねずみ色1号を塗る。
Nezumiiro1gou01  希釈は、重量比で4倍くらいに希釈するのがよさそう。(そのためにはかりが置いてある)薄めた塗料は、吉野紙で漉しながらスプレーガンに入れて、
Spraygun01  テストピースに試し吹きして様子を見る。
Testpecenezumiiro01  ちょうど良さそうなので、本番。満遍なく車体を塗装する。全体をひとなめ吹いたら、休んで、塗り残しがないかよく見る。
 この車体は、縦にリブがあるので、リブとリブの隙間がなかなか塗りきれなかった。
 ねずみ色1号、希釈した全量吹いたところで、何とか仕上がった。
Syataispray01  ついでに、修理で塗装待ちしていた115系用のPS-23も塗っておいた。
Ps2301  車体が終わったところで、下回りを黒に塗装する。同じように塗料を希釈して、少し艶を抑えるために、フラットベースを少し加える。こちらもテストピースに吹いて具合を見る。こうすれば、本番で濃過ぎる、薄すぎるという心配を避けられる。
Testpecebrack01  下回りは、陰になるところが多いので、塗装が乗りにくいところを中心に塗っていくとそれ以外のところも普通に塗料が乗ってくる。
Yukaitabruck01  こちらも、明るいところで吹き残りがないかよく確認して、なければ塗り上がり。
Yukaitabruck02  昼過ぎまで、おおよそ3時間で作業終了。乾いたところで、取っ手や支えを取って、今日はよく乾くまで、置いておく。
Nuriagari01  ついでに塗った、PS-23は、スリ板を磨きだして、山スカ115系の元へ戻った。
Ps2302  とにかく、今回のタ300はここまで、何とかたどり着いた。後は、デカールを貼れば良いだけになった。やっと、完成が見えてきた。                      続く。

合運連合忘年会

 毎年恒例、関東合同運転会の関連で集まる会員の、今年最後の忘年会が、THOの例会会場近くの、湯島の華の舞で開かれた。
Hananomai


 主催者発表35名は、今まで最大の参加者。19時から始まって最後は22時を過ぎていた。今年の反省(してたっけ?)来年の課題などいろいろ盛りだくさんで、また、来年もみんなで楽しみましょう。と言うことでした。
 今年の角イベントの幹事さんご苦労様でした。また来年もよろしくお願いします。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31