フォト
無料ブログはココログ

zard

« 2013年 元旦 | トップページ | ドアーの取り付け。 »

2013年1月 4日 (金)

工作はじめ

 一年の計は元旦にあり。(て、どこかに書いたかもしれませんが)ということで、半年ぶりにクモニ83とクモユニ82を出してみました。(さて、どこまでやったっけ?)

Kumoni83hako01 確か、全面窓を付けて、前照灯のケースを付けるところで止まっているはず。
Zenmen1301
 まずは、前照灯と、尾灯のケースを付けるのですが、そのパーツを出してみたら、こんなものでした。
Zenmenparts1301 尾灯のケースを、全面妻板につけてみましょう。
Bitouparts01
 どうも、見るからに後々邪魔になりそうな大きさになっていますね。前側もあまりよくないし。
 次に、前照灯のパーツを妻板に充ててみました。
Zensyoutou01 まあ、形は見られるものの、位置決めは、どうするの…。
Zensyoutou02 この太さだと、電球は入らないし、使いにくい。
 
 尾灯ケースは、天賞堂の新型テールライトを使うことにしました。
Bitouparts02 前照灯のパーツも、この部品と、同じくらいの長さに短く詰めましょう。
Zensyoutou03 加工後は、こんな具合になります。上2つが加工後、下が未加工のものです。長さを3.4mm位にしておきます。
Zensyoutou04 天賞堂のテールライトの外に出る部分を測ってみたところ、0.95mmなので、1.0mmの板に3.3∮の穴をあけて、前照灯の位置決め治具にします。
Bitouparts04Zensyoutouzigu01Zensyoutouzigu02
 治具を当てて、前照灯をハンダ付けします。全部ついたところでテールライトケースも付けておきます。
Zenmen1302 一緒に妻板のステップも付けておきましょう。ここで、休憩。浅草の観音様に初詣。
Sensoujihatumoude
 入場規制しながら、初詣に行ってきました。今年は、正面の雷門からでないと境内に入れないようになっていました。
 で、夕食をしてきてから、工作再開。
 いつもは、箱に組んでから手すりを付けていましたが、今回は、妻板のうちに手すりまで付けてしまうことにしました。
Zenmen1303 この段階につけてしまって、裏の仕上げをしておけば、あとからライト類の造作をするのがきれいにできると思います。
 
 
 2両分4枚の妻板ができいました。
Zenmen1304 本日の工作はここまで。 ここで、前照灯などの電装品の検討をしてみようと思います。今のうちに考えておけば、できてから悩まなくて済みそうでしょう。

« 2013年 元旦 | トップページ | ドアーの取り付け。 »

模型」カテゴリの記事

コメント

今年もよろしくお願いします。

最近になっていまさらながら判ったのですが・・・
ライトや手スリを平板の内に付けてしまえば裏の仕上げが簡単に出来るのですね。
以前は車体と妻板をキッチリ組み立てるためには表面に出っ張りが無いほうがやり易いと思っていたのでした。

先の展開を楽しみにさせていただきます。

Brass_solder様
 あけまして、おめでとうございます。
 以前は、私も、手すりなどは箱に組んでから付けていたのですが、最近は室内や前照灯などをユニット化して配線を隠すなどをしなければならなくなりましたので、そういうパーツを付けるためには、裏側をきれいに仕上げておく必要になったためです。
 今回は、特に前面の窓が10度傾斜しているので、組み立ててしまうと、上の方向幕の部分の仕上げができなくなってしまいます。
 最近、あるメーカーの組み立て中のものを見て、完成後をきれいにするには、組み立て前から、そういう加工を考慮しておかなければならないと感じました。
 また、今年も、よろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578460/56463533

この記事へのトラックバック一覧です: 工作はじめ:

« 2013年 元旦 | トップページ | ドアーの取り付け。 »