フォト
無料ブログはココログ

zard

« 雲仙・西海プロジェクト始動。 | トップページ | オハフ45妻板。 »

2013年1月23日 (水)

妻板の加工

 今日は、オユ12のでかすぎるテールライトの穴の修正。
まず、2.5∮の穴が開いているので、エコーのテールライトを使うのには、2.0∮にしなければなりません。そこで、エコーの精密パイプ2.4X2.0があったので、試しにさしてみました。
P2420P242002 これではゆるすぎて、位置決めができません。そこで、思いついたのが、会社で使っている2.5∮のプレーン軸受を思い出しました。Jikuuke01 ふつうは、2.5∮の材料でも実際の太さは、2.45∮位なのですが、うちの軸受は、軸センターを正確にするため、4∮位の太い材料から削り出していますので、外形が2.5∮ピッタリにできています。穴にはめてみると、面取りをした部分まで入りました。Jikuuke02 やすりで仕上げないと入らないかと思って、もう少し押し込んでみたら、うまい具合に入ってくれたので、0.4tの黄銅板で高さを揃えて、ハンダを回してみました。Jikuuke03 ハンダ付けの後、出っ張ったところをやすりで削って、平らに仕上げます。Bitou02Bitou03 プレスの分中にくぼんでいるので、いつまでたっても縁が残ってしまいました。もう少しハンダを流してみて、埋まるかどうか…。Bitou04 ハンダをもう少し盛って、熱を加えたら少し目立たなくなった。
 半田ごてが温まっているので、ついでに貫通ドアーも付けました。車掌側は、窓付きですが、荷物室側は、窓がありませんので、0.4tの板でドアーとしました。さらに、オハフ45の妻板の後方監視窓の窓枠も板を貼っておきます。Tumaita01 この後、オハフの窓は、穴をあけて仕上げます。それとともに、手すりや屋根上の昇降手すりの取り付けをしなければなりません。
 とりあえず、今日はここまで。

« 雲仙・西海プロジェクト始動。 | トップページ | オハフ45妻板。 »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578460/56602668

この記事へのトラックバック一覧です: 妻板の加工:

« 雲仙・西海プロジェクト始動。 | トップページ | オハフ45妻板。 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31