フォト
無料ブログはココログ

zard

« また作りかえ。 | トップページ | 雨どいが付いた。 »

2013年7月22日 (月)

結構進みましたね。

 今日は、参議院選挙でしたので、お出かけの予定は組めませんでした。
 それより、梅雨入り以来、洗車をしていなかったので、簡単に洗っておきました。来週法事があるので、高速走行の虫だらけで行くのは、ちょっとまずかろう。洗車していたら、斜前の家の夏ミカンの木が、かなり大胆に片付けられていました。そこには、キジバトが巣作りをしていたので、帰ってきたら、さぞびっくりするだろうに…。

 ま、冗談はこのくらいで。
 洗車が終わってから、さっそく工作に移ります。
 今日はオユ12の、ベンチレーターの位置を直しました。キットのスユ15とは車掌室側のベンチレーターの位置が違います。その為、キットの穴を埋めて、新たにオユ12の位置に、開けなおさなければなりません。Oyu12benchiretour01_2 大体の位置は、マジックインキで、印を付けたところ穴は後で埋めなければなりません。新しい位置に、ケガキをして、1.5∮のセンタードリルで、下穴を開けます。Oyu12benchiretour02 2.0∮の真鍮丸棒を2mm位切って、穴埋めのもとにします。Oyu12benchiretour03 これをもとのベンチレーターの穴に入れて、ハンダで埋めましょう。2.0∮位有ると、ハンダだけで埋めるのはちょっと難しい。Oyu12benchiretour04 これで、裏からハンダで止めて、出たところはヤスリで削って仕上げます。Oyu12benchiretour06Oyu12benchiretour05
 埋めた跡が残らないように、ヤスリで削ってしあげ、サンドペーパーで磨いておきましょう。Oyu12benchiretour07 続いて、忘れていたデッキドアーの敷居を付けて、雨どいをハンダ付けしました。Oyu12deckdoor01 雨どいは、キットのパーツは、0.7∮の真鍮線ですが、0.8×0.4の帯にしました。こっちの方が感じが良いので、前回の、クモユニ82にも使っています。Oyu12amadoi01 曲がらないように、ケガキ線通り付けるのは至難の業と言えます。だからと言ってアングルの取り付けと雨どいのハンダ付けは、今でも苦手です。それで、両端は、あとで、まげて、縦管に付きます。
 雨どいが付きました。Oyu12amadoi02_2 ハンダを取って、仕上げましょう。Oyu12amadoi03 この後、縦管の取り付けの割ピンの穴を開けましょう。Oyu12amadoi04Oyu12amadoi05 オユ12は、次回雨どい縦管が付けば、車体のほとんどの作業が終わります。
 そのほかオハフ45とオハ46の方の妻板の不足部分に、0.4×1.5の帯で妻板の寸法違いを合わせておきました。Oha46tumaita01 材料は、キットに入っていたウインドシルに使う帯を使いました。ウインドシル。ウインドヘッタ―は市販の、0.2mmの帯板を使います。Oha46tumaita02これで、オハフの妻板も、寸法通りになりました。

« また作りかえ。 | トップページ | 雨どいが付いた。 »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578460/57839809

この記事へのトラックバック一覧です: 結構進みましたね。:

« また作りかえ。 | トップページ | 雨どいが付いた。 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31