フォト
無料ブログはココログ

zard

« けんかつフェアー | トップページ | 春だから? »

2014年3月16日 (日)

また姿を消す客車列車

 ご存知のように、3月15日からJRのダイヤ改正がありました。これにより、北王子線の貨物輸送が廃止。E3「こまち」のE6置き換え、さらに寝台特急「あけぼの」季節臨化など、いろいろ変化がありました。
 中でも「あけぼの」の廃止は、マスコミ報道が過熱しすぎではないかと思うくらい、テレビ局各社で取り上げられていました。ことNHKについては、あさのニュース7、18時の首都圏ネットワーク、さらには、21時のニュースウォッチ9では、上野駅の発車、秋田の発車などを生中継するほどご熱心。さらには、15日の上り最終の上野到着の生中継までやってましたね。
 まあ、私も、最後くらいは撮って置こうかと思いまして、15日朝6時20分ころに、裏の下御隠殿橋に行ったところ、すでに満員。

Simogoindenbashi01 ちなみに、写真の中央の青いフードの方は、南千住からお越しの、某T氏であります。
 ダイヤ改正後ということなのか、今日の上野到着は、いつもより10分くらい遅れていたようです。Akebonofinal  車体に 架線はかかっているし、パンタは碍子に引っかかっているわで、とても見られた写真ではありませんが、季節臨があると言っても、これが撮りおさめとなるでしょう。
 マスコミが、やたらと「惜別」を連呼していましたが、そんなに惜しい物をなぜ残さなかったのか、JRが存続する気が無いのはわかりきっています。車両は、新しくしないし、寝台・特急料金は高い、そのくせ、遅れたら通勤電車優先で、高崎から新幹線に乗り換えを強要。そのまま乗ったら、途中駅で運転停車2時間。乗っては、車販は来ない、自販機はない。かつて、20系時代に言われていた、「走るホテル」はどこへやらであります。かつて、JR化後、ある副社長が、マスコミを前にして「あんな無駄なものは早く無くせ」といったのが、ついにここで現実化されたということでしょう。時代の波によって、寝台列車は、過去の遺物になりました。
 

« けんかつフェアー | トップページ | 春だから? »

鉄道ネタ」カテゴリの記事

コメント

 まぁいろいろな考え方があるけど、単純に原価計算すれば、B寝台でも1両の定員が30人そこそこなんだから、座席車の2倍の運賃にしなければ、モトが取れないことになります。もはや鉄道は24時間営業ではないわけだし。

華々しい時代を見て来たので、今の寝台特急を見ると、隔世の感があります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578460/59299278

この記事へのトラックバック一覧です: また姿を消す客車列車:

« けんかつフェアー | トップページ | 春だから? »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31