フォト
無料ブログはココログ

zard

« 山形へ遠征(2) | トップページ | 疲労気味。 »

2014年5月22日 (木)

山形で見つけたもの。

 先の山形行きの記事は、2日間、何ともざっくりした内容でしたが、あれだけ模型が有る訳ですから、当然気になる物もあるのです。当然、山形、仙台当たりの地元が多くなりのは必然です。なので、そちらの方から、やっぱり国電が好きなので、どうしてもそれが一番に目につきます。仙石線の旧国。Sensekikumoha7301  Sensekikuha7901  仙石線のウグイス色の73系は、現役時代ついに見ることができなかった車両です。特徴の東海型ベンチレーターを乗せたのは、大糸線に転属したクモハ54がいましたが、スカイブルーになっていました。455系の冷房化の時に発生したベンチレーターを冬季締切ができるのでグローブから交換したもので、作品は、そのふさぎ板も作ってありました。Sensekikuha7902  さて、仙石線と言えば、現在首都圏から転属した205系が活躍しています。アクラスのキットが出たので、改造すれば、バリエーションが楽しめます。写真には、2編成写っていますが。まだほかにも数編成ありました。
 レイアウトのほかに、飲み物などを置くテーブルがありますが、こちらは、古典蒸気が集合していました。Kotenloco01  蒸気と言えば。D51や、C62なども走っていましたが、Onの木曾の機関車や雨宮のロコもありました。Kisosl  この木曾の機関車は私もキットを持っているので、組み立ての参考になります。模型も16番のみならず、OJの車両もありました。キハ58、12系客車、東急5000系など、16番と並べると、その迫力が違いますね。Ojkiha5801
 変わったところでは、W氏が長年製作していたモノレールが、かなり完成の域に達したようで、大阪万博のモノレール車両が登場しました。Banpakumonorail01 Banpakumonorail02  車体はエッチングによる真鍮製で、しっかりできていました。DCCを装備しているので、1本のレール上でも個別に走行可能です。集電は、実物のモノレールのように、#70くらいのレールを通電用に使っていたようでした。Banpakumonorail03  普通の車両とちょっと違って、保線用車両。Hosensagyousya01  屋根上のパトライトが、LEDで点滅します。消費電力が少ないので、乾電池で1日点いているそうです。LEDでもう一つはこちらのジオラマ。 Yousetusagyou01_2  作業中の人が溶接バーナーを使っていますが、火炎がLEDで本物らしく点滅します。アイディアの勝利でしょうか?
  ほかにも、山交の電車や旧型客車の急行列車。キハ81系の「はつかり」などのほか、ドイツ01やら、イギリスの「ジャベリン」が2編成などバラエティー豊富でした。参考になったものもいろいろありました。充分刺激を受けて、楽しんでこられました。

« 山形へ遠征(2) | トップページ | 疲労気味。 »

模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578460/59683699

この記事へのトラックバック一覧です: 山形で見つけたもの。:

« 山形へ遠征(2) | トップページ | 疲労気味。 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31