フォト
無料ブログはココログ

zard

« 第41回鉄道模型ショウ | トップページ | 中秋の名月 »

2017年9月28日 (木)

修理結果に失望。

 先日、5月の静岡トレインフェスタで故障した、TOMIXのEF66の修理を依頼されたので、問屋経由でメーカーしゅうるを依頼しました。ほぼ、1か月を費やして、戻ってきた結果が修理不能とのことでした。
Ef6601
 理由は修理報告に書いてありますが、あまりの結果に今まで修理を依頼していた信頼を失う結果が書いてありました。
Ef6602
 まず、第一の理由。「2003年生産の製品のため、部品がありません」とのこと。欠損しているのは、モーターからギヤーケースに至る、駆動ジョイントのカップリング。欠損のため動力が伝達できなくなっています。ただし、先日発売になったEF64の部分を見ると、ほとんど同じで、交換は可能に見えます。
Jyoint01
 第2の理由。「独自の塗装を施されているので、塗装の剥がれが起こるので、分解不能。」
これが理由かね?
 ジョイントの修理に分解は当然のこと。そのリスクは承知の上で修理依頼をしているのに、1か月の放置した挙句、修理箇所の特定もせずに返して来たわけですか?完全にアフターサービスの放棄ですね。あまりにひどい。今まで、信頼していたメーカーでしたが、今後は考え方を変えないといけません。
 実は同じ年式の製品が、まだうちの店頭に在庫しています。
Zaikohin01
 念のため、1台あけてみたところ、同じジョイントカップリングにクラックが入っています。
Jyoint02
 どう見ても製造上の不良に見えなくもありません。こうなっていては、他の2台も確認しないと、販売できませんし、こういう場合は、どう扱ってくれるのでしょうトミーさん。
 なお、同型のEF66をお持ちの方は、一度、ご確認することをお勧めします。

« 第41回鉄道模型ショウ | トップページ | 中秋の名月 »

模型」カテゴリの記事

コメント

すみません。お手数をおかけしました。ありがとうございます。
他のジョイントに改良します。まあカスタムしたもの
には手をつけたくなかったんでしょうね。ほぼ走行させて
いないものですので、元々の材質が微妙だったのだとは
思いますが。他にもこれと同じ修理依頼があったのでは
ないかとも思いますが....

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/578460/65845495

この記事へのトラックバック一覧です: 修理結果に失望。:

« 第41回鉄道模型ショウ | トップページ | 中秋の名月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31