フォト
無料ブログはココログ

zard

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月 9日 (日)

飯田橋のホーム移設工事。

 ホーム移設工事中の、飯田橋駅ですが、19年6月7日に、進捗状況を見てきました。大きな変化は、線路上の基礎の上に駅舎の躯体が立ちました。これは、牛込橋の方から見たところ。

Iidabashi19060701_1  

 反対側から。

Iidabashi19060702_1

 駅の中から見ると、こんな様子でした。

Iidabashi19060707

 ホームの屋根は、前回3月末に撮影したのと変化がないようです。

Iidabashi19060704

Iidabashi19060706

Iidabashi19060705

 前回の時と同じように、1か所屋根が付いていません。

 電車に乗って、ホーム目線から見ることにして、先頭車に張り付いてみました。

Iidabashi19060708

Iidabashi19060709

 あいにくの雨で、よく見えませんでした。ホームの状況は、また、天気のいい日に観察しようと思います。

お披露目。TOMIX70系新潟色。

 先日来、完成に向けて作業していた、TOMIXの新潟色70系を、お披露目してきました。

会場は、埼玉の県民活動センター(通称けんかつ)

Kenkatu01  

 おやびん会運転会会場です。

Kenkatu02

 初めて、編成にして、 お披露目しました。

Kenkatu03

Kenkatu04  

 トラブルもなく、無事試運転ができました。

2019年6月 8日 (土)

インレタ、サボを貼る。TOMIX70系新潟色。

 新潟色の70系のパーツを取り付けの終わって、残りは、インレタの貼り付けです。

Inreta01

いろいろ検討した結果、自分で写真を撮ったものから、選ぶことにしました。クハの偶数車とモータナシのモハ70は、クハ76012とモハ70103にしました。奇数車の方は、唯一番号が確定できたクハ76001に、モハ70のモーター付きは、実物を見ていませんが、廃車の時期が近いのと、出来合いの番号があったので、モハ70102に決めました。モハ70102の方は、台紙から切り離して、セロハンテープに貼り付け、位置合わせをします。

Inreta70102

 モハ70103の方は、出来合いのものがないので、つぎはぎで作ります。まずは、モハ7010までのものを切りぬいて貼り付けます。

Inreta07  

 そこに、単数字の3を切りぬいて、セロハンテープにとって、位置を合わせます。  

Inreta08

 こすってはがして、こうなります。

 Inreta09   

 クハ76001も同じく、クハ7600まで貼ってから、最後にたんすうじの1を貼りました。

Inreta03

 偶数車の、クハ76012は、出来合いのものがありましたので、そのまま貼り付けました。

Inreta05

 最後に配置区名とATS表記も貼っておきます。

Inreta04

 サボは、奇数車が新潟向きなので、そちらに合わせて、左右、それぞれ方向を合わせて貼り付けます。

Sabo01

 クハの奇数向きと偶数向き、運転台を同じ方に向けるとサボは反対になります。

Sabo02

Sabo04

 これで、完成しました。明後日のけんかつの運転会で、デヴューします。

 

2019年6月 5日 (水)

続いて、モハ70を。TOMIX70系新潟色。

 クハのパーツの取り付けが終わったので、続いて、モハ70に移ります。

Moha7001

 クハに比べれば取り付けるパーツは少ないので、それ程時間がかかりません。まずは、車体の方からかかります。付けるものは、車体側面の側灯と、手すりが付くだけです。ただし、黄色の手すりが少し緩めなので、木工ボンドでつけておきます。付けた様子はこんな具合です。

Moha7002

 さらに妻面の、ホロ釣りを付けます。

Moha7004 Moha7003

 ついでに、床下機器の抵抗器カバーの枠、MGの耐雪カバー枠の付いたものに交換します。

Moha7005

Moha7006 

 一緒にクハの方のMGも交換しまして、さらに、先頭台車にスノープラウも取り付けました。

 これで、4両の、パーツ取り付けを終わります。

Moha7008

Moha7007

 次は、車号などのインレタをつけて、完成です。

2019年6月 4日 (火)

最後の仕上げ。TOMIX70系新潟色。

 クハ76の組み立てを始めて、今日で三日目。ジャンパー栓、タイフォン、側灯などを取り付けます。

Taifonjanper01

 タイフォンは、一般的なラッパのタイプと、竹やり型になった汽笛タイプの2種類が付きます。汽笛の方は、取り付け芯とタイフォンの2ピースになっています。下のパーツはジャンパー栓収めの蓋です。

Taifonjanper02

 説明に従って取り付けをしましたが、ジャンパー栓受けはなかなか入らず、1個つぶしてしまいました。とにかくタイフォンは取付完了。ジャンパー栓を装着。さらに窓下の風取口も貼り付けました。

Taifonjanper03 Taifonjanper04

 さらにドア表示灯などの側灯。屋根上の発煙筒をつけて、取り付け物は終わりました。

 車体を台枠に取り付けますが、作業前に外しておいた、遮光ユニットを元に戻します。

Lightyuyto01

 そして、台枠をはめ込みますが、この最中に、奇数車のジャンパー栓が、1本折れるアクシデントがあり、交換しました。とりあえず、クハの2両は、車号を残して、パーツの取り付けは終わったようです。

Kansei01 Kansei02

Kansei03

 台枠取り付けが済んだところで、MGを耐寒カバー付きに、トイレ流し管とATS車上子をつけて、今日のところは、終了です。

 次は、モハ70の2両です。

2019年6月 3日 (月)

水切りや、手すりを付けましょう。TOMIX70系新潟色。

昨日に引き続いて、今度は、乗務員室の三角窓に、水切りを付けます。その前に乗務員室ドアーの手すりを付けたほうが良さそうなので、取り付けをしました。

Tesurimizukiri02黄色の部分の手すりパーツ手すりパーツです。上にある、緑のパーツが、水切りの下穴をあけるジグです。パーツをカッターで切り離し、車体の穴に押し込みます。ついでに赤の方もやってしまいましょう。

Tesurimizukiri03こんな感じになりました。

Tesurimizukiri04 続けて、水切りのジグで、下穴をあけます。穴径は0,5∮のドリルで、穴あけをしました。

Tesurimizukiri05


Mizukiri01

  ただし、水切りの足が、少し細く、緩めでしたので、木工ボンドで止めておきます。最初にあけた方はジグの当て方が悪かったようで、少し低めになってしまいました。

Mizukiri03

Mizukiri02

 事のついでで、前面の手すり、ワイパーもつけてしまいました。

Tesurimizukiri06

 さらに、貫通側のホロ釣りも、付けました。

Horoturi01

 ただ、写真を見ると三角窓の水切りは、両方ついているはずです。ジグは片側しかなかったようなので、反対側をどうしようかと、考えながら片付けをしていたら、助手側のジグもあるじゃないですか。急遽加工して、今日の作業を終了しました。

Tesurimizukiri07  

 残りの、タイフォン、ジャンパー栓は、また明日。

2019年6月 2日 (日)

TOMIX 新潟色70系 デフロスターをつける。

 2019静岡トレインフェスタも、無事終了しました。


2019trainfesta01
 
2019trainfesta02

2019trainfesta03

 これに間に合わせようと思った、新潟色の70系は、結局、コンテツがもらってきたジオラマを、走らせるための作業に手を取られて、完成しませんでした。

 昨今は、あまり模型に手が出なくなって、このままでは、お蔵入りになりそうなので、次のけんかつ運転会までに何とかしようと思い、作業を始めました。まずは、デフロスターと運転室の三角窓の水切りを付けようと思います。


Tc76tomix01 まずは、説明書にしたがって、車体を分解し全面運転台の遮光ユニットを取り外します。奇数車の方が、なかなか外れずに難渋しましたが、逆に偶数車の方は、いとも簡単に外すことができました。

Tc76tomixdefroster01

 デフロスターのパーツは、洋白のエッチング製で、2輌分と予備の6個ついています。

Defroster01 Defroster02

 それを切り離して、両面テープで貼り付けるのです。細く切ったテープを、両端の部分に張り付けて、車体の内側から取り付けます。

Defroster04

 位置は写真と見比べて、こんなもんかな、というところです。正面から見ると、こんな感じになりました。

Defroster05

 あしたは、車体を外しているうちに、三角窓の水切りを付けようと思います。

 

 

 

 

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31