フォト
無料ブログはココログ

zard

« 2023年3月 | トップページ | 2023年7月 »

2023年5月

2023年5月26日 (金)

静岡トレインフェスタ2023(その2)

 さて、宿舎について、落ち着いたら、今夜の宴会に参ります。焼津の宿近くの「黒潮」トレインフェスタの時はいつもこちらで宴会になります。
Img_5041
 いよいよ宴会開催。
Dscn9650
ここでのお目当ては、マグロの兜焼。ほぼ毎回注文しています。
Img_5042
Dscn9655
そのほか、新鮮な刺身や、唐揚げなど、いろいろ。ひと時、充分楽しませてもらいました。
Dscn9651
Img_5046
それ以上に盛り上がっていた方もおられたようですが、ここでは、都合により割愛させていただきました。
翌日、7:00頃朝食を取り、電車で会場に向かいます。
Img_5053
Img_5052
中にいるとわからないので、開場前に、入り口の看板を撮っておきました。
Img_5054
 今日も、模型三昧の一日になります。車両も変えて、「ひので」155系と、70系新潟色を走らせましょう。
Img_5058
Img_5059
さらに、荷電併結もします。
Img_5060
午前中はこのくらいで、お昼にします。
Img_e5061
午後は、沿線監視と寛永寺線の合間を見て、キハ181系の「つばさ」を出しました。
Img_5066
Img_5065
時間のたつのも早いです、15:30今年のグランシップトレインフェスタも閉会の時間になりました。また来年ということで、閉会式を行いました。
Img_5067 
Img_5072
閉会式が終わると、後片付け。レイアウトボードを解体し、車に積み込みます。なぜか、行きより帰りの荷物が多いような気が…。
Img_5074
途中、以前帰りに立ち寄っていた、由比PAの売店が無くなってしまったので、夕食は駒門PAになりました。トラックの休憩が多いせいか、定食もボリュムがあります。
Img_5075
Img_5076
夕食後は、休むことなく自宅に直行21:30無事帰宅しました。
今年のトレインフェスタはコロナ5類になったとしても、まだ、厳重な対策が取られていました、ただ、一部マスク着用などは個人の判断にゆだねるまでに緩和されました。来年は、もっと自由になるのでしょうか、そう思いながら、今年のトレインフェスタも無事終了しました。

2023年5月25日 (木)

静岡トレインフェスタ2023(その1)

 今年のゴールデンウィークも、コロナ明けで、あちこち混んでいたようですが、その混雑もひと段落した、5月20日~21日に、東静岡のグランシップで、今年も、トレインフェスタ2023が開催されました。当クラブ、サークル165も参加ということで、参加申し込みを済ませています。コロナは5類になったのですが、対策は残っているので、事前に当日対策用の用品が主催者から送られてきました。
Img_e4975

準備日の5月19日から静岡入りします。そのため前日の18日に資材、車両の積み込みをしました。 
Img_5011  
翌朝、コンテツ工機部は、6:00に出発しましたが、私は、諸事情で20日からの参加になります。仕事中にメッセいいジャーで忘れ物の指示、翌日持ってこいとの連絡。ちゃんと準備の時の揃えておけ。
Img_5014
 そんな訳で、私は、翌20日の新幹線で、静岡入りしました。いつもと同じ8:03のひかり503号に乗ります。静岡9:02着なので、開場前に着くためには。これに乗る必要があります。
Img_5015
 ほぼ、1時間で静岡に着きます。降りる寸前に、車窓から会場が見えます。
Img_5016
Img_5017
静岡から、普通電車に乗り換えて、1駅戻れば東静岡。会場のグランシップは駅前です。
Img_5019
Img_5021
Img_5020
すでに、準備はできているので、当日はすることがありません。10:00に開会式がありました。
Img_5022
Img_5023
本日は、ほぼ、沿線監視で終わりそうです。
Img_5025
Img_5026
 土曜日は、会場前に雨が降ったせいか、入場者は少なめ。本日の車両は、カシオペアと583系はくつるを走らせました。
Img_5031
Img_5055
 お昼は、事前に申し込んでいた駅弁をいただきました。
Img_5029
20日は、17:00で一般公開は終了。簡単に片付けて、本日の宿泊場所、焼津に向かいます。
Img_5035
Img_5038
 宿泊は、駅前のくれたけイン、今年は、幹事さんの努力により、トレインヴューの部屋になりました。
Img_5039
この後は、お楽しみの宴会になりますが、今日はここまで。





 

2023年5月 3日 (水)

久しぶりに、ツーリング。2023年5月3日

 世の中ゴールデンウィーク。今まで、新型コロナの影響で、自粛ムードも、今年は一変。今年の連休は、各地でたくさんのイベントが開催され、人出も多い事。
 だからと云う訳でもないのですが、私もしばらくぶりにツーリングに出かけることにしました。去年のゴールデンウィークは諸般の事情でどこにも行けませんでした。でせっかくバイクも新車になって、1年たつのになかなか走る機会もありませんでした。現状の生活では、泊りがけは無理なので、日帰りツーリングとなります。今回は、行ける限り遠方ということで、バイク仲間の集まる甲斐大泉のログハウスを目指しました。
Dscn9636
 前の晩に、家事一切を済ませておき、AM6:30に出発しましたが、結構冷えるので、ヒートテックを履きに戻ったりして、ロスタイムになってしまいました。夕方、夕飯時間までに戻ってこなければならないので、首都高入谷インターから高速で移動します。もともとも計画は、青梅経由で下道を塩山まで行く予定でしたが、いつぞやこの時期に青梅大祭に掛かって、青梅市内が大渋滞だったことを思い出し、調べたところ、大当経由は断念しました。ということは、中央高速の大渋滞を覚悟しなければなりません。案の定三鷹から上野原まで大渋滞に掛かってしまいました。まずは、石川PAで休憩、軽く朝食しました。
Isikawa-pa
 あまりゆっくりもできないので、用が済めば即出発。一人旅なので、その辺の気兼ねがなくていいです。
 年のせいか、最近バイクの乗るとトイレが近くなったようで、甲府盆地に入ってすぐ釈迦堂PAで再び休憩。少しのども乾いたので、お茶を買って一服。
Shakadou-pa
 この駐車スペースの所から、南アルプスが一望できる展望台があったので、折角なので登ってみました。
Syakadou-pa02
Syakadou-pa03
 案内板もありましたが、あまり山に詳しくないので、写真に撮ってみましたが、残念ながら反射で、よくわかりませんでした。
 時間もないので、先を急ぎます。そのまま本線に戻って、次の双葉SAで用を足し、長坂インターで中央高速を降り、甲斐大泉を目指します。
Futaba-sa
 さて、目的のログハウスの入り口が見つからず、近辺をウロウロ探し回り、やっと到着。コロナ前の5年位前以来の訪問です。
Loghouse01
 いろいろ昨今の話題などで、3時間ほどの滞在で、再び帰路につきました。長坂インター向かう間、南アルプスの山々や、富士山が良く見えました。本当に良い天気見恵まれたと思います。
Minamiarupusu
Fuji01
 途中双葉SAでお約束のようなお土産を買って、あとは、ひたすら帰るだけ。
Img_4974
 帰りは、さほどの渋滞もなく、18:30に帰宅できました。今回は、ここ毎日の屈伸運動の効果があったのか、途中股関節がつることもなく、無事帰宅できました。あした筋肉痛が出ないことを祈っている次第です。

« 2023年3月 | トップページ | 2023年7月 »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30